「田んぼの生きもの教室」開催のお知らせ

農薬を全く使わない田んぼでお米や魚を育て、昆虫やカエルなどの生きものにふれることで生物多様性および食の安心や安全性について学ぶことを目的とし、以下の通り観察会を開催いたします。

「田んぼの生きもの教室」

対象
小学生とその保護者(10組)
次回以降通しで参加が可能な方 
※参加人員に達し次第締め切ります。
内容
第2回「田んぼの生きもの教室」 生きものさがしと魚とり
とき:平成25年8月4日(日)9:30〜12:00(予定) 受付は9時より
雨天・荒天の場合は8月10日(土)の同時刻に順延します

田植え後、田んぼに集まってくる生きものをさがします。また、田植え時に放流したタモロコを採集してどれだけ大きくなったか測定します。

観察できる生きもの
オタマジャクシ・ハイイロゲンゴロウ・アメンボ・トンボ類のヤゴ・ギンヤンマ・チョウトンボ・シオカラトンボなどのトンボ類

第3回「田んぼの生きもの教室」 生きものさがしと魚とり
とき:平成25年9月1日(日)9:30〜12:00(予定) 受付は9時より
雨天・荒天の場合は9月8日(日)の同時刻に順延します

稲の穂が出るころに田んぼに集まってくる生きものをさがします。また、田植え時に放流したタモロコを採集して放流した時に比べどれだけ大きくなっているか測定します。

観察できる生きもの
ツチガエル・ヌマガエル・トンボ類のヤゴ・ギンヤンマ・アカトンボなどのトンボ類

第4回「田んぼの生きもの教室」 稲刈り体験
とき:平成25年10月19日(土)9:30〜12:00(予定) 受付は9時より
雨天・荒天の場合は10月26日(土)の同時刻に順延します

鎌を使って実った稲を刈取り、昔ながらの方法で天日干しをします。また、稲刈りの頃に田んぼに集まってくる生きものを観察します。

観察できる生きもの
ツチガエル・ヌマガエル・アカトンボなどのトンボ類

ところ
大阪府立環境農林水産総合研究所 水生生物センター
寝屋川市木屋元町10−4
ご来場には下記の公共交通機関をご利用ください。

京阪「寝屋川市駅」下車駅前バスターミナルより京阪バス太間公園行きバスに乗車し終点の太間公園下車徒歩5分 
(ゆき 寝屋川市駅発8:48)、(かえり 太間公園発12:12・12:42)

京阪「香里園駅」下車京阪香里園西口バス停よりタウンくる木屋経由西コミュニティーセンター行きに乗車「淀川河川公園」下車徒歩3分
(ゆき 京阪香里園西口発9:07)、(かえり 淀川河川公園発12:43)

徒歩の場合は京阪「香里園駅」下車徒歩20分

問い合わせ
水生生物センター 072-833-2770 (平日9:00〜17:00)

参加申し込みについて

いずれかの方法でお申込みください。

締め切りは各観察会開催1週間前です。

主催

地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所 水生生物センター

第一回「田んぼの生きもの教室内容」 

平成25年6月22日(土)に第一回「田んぼの生きもの教室」田植えとタモロコの放流を実施しました。参加者は田んぼに足を取られ悪戦苦闘していましたが、時間が経つにつれてだんだん慣れてきました。
第一回「田んぼの生きもの教室」田植えとタモロコの放流
田植え後にタモロコの放流を行いました。タモロコは卵からかえってから1か月後(大きさ1.4p)の稚魚を放流しました。放流後20日には全長4pを越える大きさに成長していました。
タモロコの放流を行いました。></dd>
	</dl>
    </div>
  </div>
  <!--// midashi_event_lpt2 -->
  <div class=ページの先頭へ戻る
[ 閉じる ]