トップページへ移動します。
ここからメニューが始まります。メニューのあとに本文が始まります。
トップページ > 「学校と連携した農家女性が伝える食&農」
 学校と連携した農家女性が伝える食&農
お米や野菜を作ったり、作ったものを販売したり、また農作物を加工したものを販売している農家女性のグループです。これらの活動をもとに、小中学生に食や農業についての教育を支援しています。 作る体験を通じて、ものが出来る実感を得られる喜びを味わってもらい、地域のためになることを協力していきたいと考えています。

1.水なすの古漬けを学校給食へ提供
(年1回、泉佐野市内全小学校)
学校給食センターで米飯給食のおかずに「じゃここうこ」に調理してだしています。
2.郷土料理の調理実習
(八尾市内小学校5年生、寝屋川市内中学校3年生)
メンバーの作成した郷土食冊子がきっかけ。四季の行事食や地場野菜を使った料理と生徒向きの洋風料理を組み合わせて実施しました。
3.特産農産加工の加工実習と講義
(府立高校3年生、豊能町内中学校)
大根葉のふりかけ、しいたけの佃煮、きゅうりのかあちゃん漬けなど。
しいたけの佃煮は瓶詰め加工までを実習しました。
4.白みそを作って正月に雑煮を食べよう
(和泉市内小学校3・4年生)
生徒が学校で栽培した大豆を利用してみそを作り、冬家庭で熟成してお正月に雑煮にして食べてもらいました。
元気っ子クラブ | イベント情報 | 第2次大阪府食育推進計画 | はじめよう食育 | つづけよう食育 | 健康栄養情報 | サイトマップ | お問い合わせ | 食育関連リンク