トップページへ移動します。
ここからメニューが始まります。メニューのあとに本文が始まります。
トップページ > はじめよう食育 > アラカルト編(小学校): 食べ物のいいところ探しをしよう(高槻市)
 食べ物のはたらきを知ろう(東大阪市)  給食たんけん(高石市)
 体の好きな食べ物なあに(高槻市)  おやつの選び方(大阪府)
 毎日の生活と健康(池田市)
 オレンジジュースを作ろう(寝屋川市)
 楽しい食事をくふうしよう(藤井寺市)
 作っておいしく食べよう(羽曳野市)
 作っておいしく食べよう(河内長野市)
 主食・主菜・副菜について知ろう(富田林市)
 食べ物のはたらき(熊取町)

 テーマ 食べ物のいいところ探しをしよう
 対象学年 4年生
 授業科目 保健科
 実施時間 45分
 実施校 高槻市学校栄養士会
 所在地 高槻市上牧町4-22-1
 担当者 高槻市立上牧小学校 神宮司智子
 電話番号 072-669-2257
 FAX番号 072-669-2256
今すぐ使える指導案
1時限目のねらい
   食べ物を働きにより赤・黄・緑の3つの仲間に分けることができる。
   それぞれの働きを理解し、バランスよく食べることの大切さを知る。
過程 学習活動 指導上の留意点 資料
導入 ■食品カードの暗号を解き3つのグループに分かれる。
(1班を5人ぐらいにするために赤・黄・緑それぞれ2班ずつにする)
■「好きな食品カードを取って裏に書いてある暗号を解いてみましょう。」
「わかった人は、ヒントをいってください。」

(赤に集まれ)
肉・魚・大豆・牛乳・卵・いか

(黄色に集まれ)
ごはん・パン・うどん・油・砂糖・スパゲッティ

(緑に集まれ)
にんじん・ピーマン・たまねぎ・みかん・きゅうり・キャベツ

■班を分けたときに班の名前を赤1・赤2・黄1・黄2・緑1・緑2にしておく。
■食品カード
(裏に暗号)
展開 ■班ごとに「それぞれのグループのいいところ探し」をする。 「何色の食べ物グループかな?」
「同じグループにはどんな食べ物があったかな?」
班ごとにワークシートに記入させる。

「このグループの食べ物を食べるとどんないいことがある。」か話し合う。
(机間指導をしながら助言し、間違っていれば訂正しておく。)

いいところは2つにまとめてカードに記入させておく。

「グループの名前をつけよう」
ex. パワーアップグループ
   調子OKグループ
   体を大きくするグループ

■グループの名前・働きを発表させる。
(ここで・赤・黄・緑と関連させる。)

■それぞれのグループの補足説明をする。
赤・体を大きくする
  ・骨や歯を丈夫にする
  ・丈夫な体を作る
黄・体を動かす力になる
・体をあたたかくする
緑・体の調子をよくする
・おなかの調子をよくする
・風邪を引きにくくする

■「それぞれのグループには体にとてもいいことがたくさんありました。元気になるには、3つの色をそろえて食べることが必要です。」
■ワークシート

■記入カード
まとめ ■好き嫌いせずにバランスよく食べる大切さを意識する。 ■バランスよく食べることの大切さを意識させる。  
 
授業で使った指導媒体
イメージをクリックすると拡大表示されます。下のボタンでダウンロード可能。
※PDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方はこちらをクリックしてダウンロードしてください。(無償)
食品カード(裏に暗号) 食べもののいいところさがしをしよう 食べものアンケート
食品カード(裏に暗号) 食べもののいいところさがしをしよう 食べものアンケート
ふりかえりカード    
ふりかえりカード    
指導媒体を一括ダウンロードできます。一括ダウンロード

前の事例へ移動します。 次の事例へ移動します。
元気っ子クラブ | イベント情報 | 第2次大阪府食育推進計画 | つづけよう食育 | 健康栄養情報 | 食育応援団 | サイトマップ | お問い合わせ | 食育関連リンク