トップページへ移動します。
ここからメニューが始まります。メニューのあとに本文が始まります。
トップページ > はじめよう食育 > アラカルト編(小学校): おやつの選び方(大阪府)
 食べ物のはたらきを知ろう(東大阪市)  給食たんけん(高石市)
 体の好きな食べ物なあに(高槻市)
 食べ物のいいところ探しをしよう(高槻市)
 毎日の生活と健康(池田市)
 オレンジジュースを作ろう(寝屋川市)
 楽しい食事をくふうしよう(藤井寺市)
 作っておいしく食べよう(羽曳野市)
 作っておいしく食べよう(河内長野市)
 主食・主菜・副菜について知ろう(富田林市)
 食べ物のはたらき(熊取町)

 テーマ おやつの選び方
「おやつを食べる理由」 「おやつのあぶら」 「おやつの食品表示」
 対象学年 5年生
 授業科目 モデル事業で実施
 実施時間 全3時間
 実施校 大阪府地域保健福祉室 健康づくり感染症課
 所在地 大阪市中央区大手前2
 電話番号 06-6941-0351
 FAX番号 06-6941-6606
 ホームページ http://www.pref.osaka.jp/izumisanohoken/kikakutyousei/index.html#kenko
今すぐ使える指導案
1時限目のねらい (おやつを食べる理由)
   なぜ食べるのかおやつ行動を知る
学習活動 留意点 備考
昨日食べたおやつを思い出して記録をつける

活動シート1
(高石)




活動シート2
(JKKB)









活動シート3
(JKYB)







活動シート4
(JKYB)
■おやつの内容や食べ方を知る。 ■おやつの内容、時間、場所、だれと、そのときやっていたこと、その時の気分・お腹のすきぐあいについて記入する。
おやつ行動を話し合う
■グループでおやつをどんなときに食べているか話し合う。

■話し合った項目を黒板に貼りいくつかのグループに分類できることを確認する。
■活動シート2をチェックしながら、5つ以外の項目も話し合う。

■「生物的要因」
  「心理的要因」
  「社会的要因」など

■各自のきっかけを分類する。
自分のおやつ行動を知り可能な改善を考える
■自分自身のおやつや食べ物の選択にいろいろなことが影響していることを知りおやつの選び方や食べ方を考える。 ■「活動シート3」を使って変えたい習慣をみつけ、どのように変えるか具体的に考え、実現可能な目標設定をする。
よく食べるおやつを選ぶ理由を探る
■よく食べる好きなおやつを10あげ、その理由を考える。 ■味が好き、家族が好き、買い置きしている、CMで見る、簡単に食べられる
活動シート4で考える。
 
2時限目のねらい (おやつのあぶら)
   おやつのあぶらを知り選び方を考える。
学習活動 留意点 備考
スナック菓子のあぶら分について気づく
■ポテトチップス

■茹でたじゃがいも





■おやつカードは一つのおやつについて2枚ずつ作り子どもに人数分用意する。

■指導用資料1a
-児童用
  指導用資料1b
-指導者用
(寝屋川)







■血管の模型で説明

■指導用資料1a
-児童用
指導用資料1b
-指導者用
(寝屋川)

■おやつカード

■おやつの袋
■2つの紙袋をみてポテトチップスの入っている袋をあてる ■授業の1時間前に2つの紙袋にポテトチップスと茹でたジャガイモを入れておく。
「2つの袋にはポテトチップスと茹でたじゃがいもが入っている。どちらにポテトチップスが入っているかな。」
あぶらの多いおやつと少ないおやつを分類・確認する
■グループでチームを組みおやつカードを使ってあぶらの多いおやつと少ないおやつにわけるゲームをする。

■指導用資料1aで答えあわせをする。

■並べ替えたおやつを見て感じたことをグループで話し合う。
■基準は牛乳であることを知らせる。

■得点で勝負を決める。

■あぶらの多いおやつと少ないおやつに並び替え、その特徴や意外なものを確認する。

ソフトクリームとアイスクリームの違い
チョコレートのあぶら
インスタントラーメンのあぶら
クロワッサンやパイのあぶら
果物にはあぶらが少ない
あぶらのとりすぎと健康との関係について
■油をとりすぎるとどうなるかを知る

■おやつの選び方を考える
■血液中にあぶらが増えると血液の流れが悪くなり、心臓の働きに影響することを知る。

■一日に必要なあぶらの量(55gスプーン焼く14杯)とおやつでとる望ましい量(10gスプーン焼く2〜2.5杯)を知らせ、子どもの好むおやつの脂肪量を知り食べ方を知る。
 
3時限目のねらい (おやつの食品表示)
   食品の表示を理解する
学習活動 留意点 備考
おやつの表示について書かれている内容を知る ■おやつのから袋










活動シート5
(JKYB)





活動シート6
(寝屋川)
■各自が持ってきたおやつの袋にある食品表示を見て何が書かれているか知る。

■食品表示を比較しかかれている情報を比較する。
■表示内容を見る。

■指導者は子どもたちを6人グループに分ける。

■いつもたべているおやつの食品表示の情報を比較してみる。
食品表示の基礎情報を確認する
■活動シート5を使って5つの基礎情報と栄養成分、お客様相談室を確認する。 ■商品名、原材料、内容量、賞味期限、製造者名、栄養成分、お客様相談室、どれにも表示しているものとそうでないものを確認する。
食品表示がある理由について話し合う
■活動シート6にそってグループごとにまとめる ■食品表示は商品によってさまざまであることに気づく。
栄養成分、お客様相談室の役割に気づく。
望ましい食品表示とは何かを考える
■各自が持ってきたおやつの表示から健康によい食べ物を選ぶ ■資質の表示を見て牛乳を基準にすると脂肪の多いものか少ないものか確かめる。
砂糖や食塩の量、食品添加物の使用にも発展させる。
 
授業で使った指導媒体
イメージをクリックすると拡大表示されます。下のボタンでダウンロード可能。
※PDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方はこちらをクリックしてダウンロードしてください。(無償)
活動シート1 活動シート2・3・4 活動シート5
活動シート1 活動シート2・3・4 活動シート5
活動シート6 指導用資料1a児童用 指導用資料1b指導者用
活動シート6 指導用資料1a児童用 指導用資料1b指導者用
指導媒体を一括ダウンロードできます。一括ダウンロード

前の事例へ移動します。
元気っ子クラブ | イベント情報 | 第2次大阪府食育推進計画 | つづけよう食育 | 健康栄養情報 | 食育応援団 | サイトマップ | お問い合わせ | 食育関連リンク