トップページへ移動します。
ここからメニューが始まります。メニューのあとに本文が始まります。
トップページ > はじめよう食育 > 野菜バリバリ編(小学校):野菜を知ろう(東大阪市)
 野菜をすきになって食べよう(箕面市)
 野菜のひみつ(高石市)
 野菜を食べよう(島本町)
 野菜のことを知ろう(寝屋川市)
 野菜を食べよう(枚方市)
 野菜を食べよう(貝塚市)
 野菜のことを知ろう(寝屋川市)

 テーマ 野菜を知ろう
 対象学年 4年生
 授業科目 特別活動
 実施時間 45分
 実施校 東大阪市立孔舎衙小学校
 所在地 東大阪市日下町6-3-6
 担当者 豊田美香
 電話番号 0729-84-0231
 FAX番号 0729-84-2524
 E-Mail kusaka-e@higashiosaka-osk.ed.jp
今すぐ使える指導案
1時限目のねらい
   野菜には、それぞれ大切な働きがある。その働きが、野菜の種類によって異なり、大きく2つに区分(緑黄色野菜・淡色野菜)されることを知る。
学習活動 学習活動 資料・準備
1.野菜の種類を知る

2.野菜の分け方を知る

・分け方を考える




・”色”での分け方を考える






・班発表する

















・区別の仕方を考える


3.野菜の栄養と働きについて知る









4.まとめとふりかえり

■班ごとに分かれる・・・・6班

■野菜の名前を確認する

■自由に発表させる・・いろいろな意見を引きだす

■1つの分け方として”色”で分けられることを知らせる

☆”色のうすい野菜”と”色のこい野菜”とだけ説明

■児童用カードとプリント1を配布

■机間巡視をしながら様子をみる

■班発表−ひと班のみ(児童が黒板に貼る)

■発表班と異なる班の意見を聞く(理由も)

■まよった野菜を聞く
予想として”ねぎ・大根”のように”葉と根でわかれるもの”

■指導者からまよいそうな野菜を問いかける

☆ 色のうすい野菜→淡色野菜
色のこい野菜 →緑黄色野菜

■区別の仕方をおさえる
表面だけでなく、中の色で区別すること


■淡色野菜と緑黄色野菜には、それぞれ主たる栄養素と働きがあることを知らせる。
淡色野菜−−−ビタミンC
(はだをきれいにする・イライラをしずめる・骨や歯をじょうぶにする)
緑黄色野菜−−−カロチン(ビタミンA)
(ひふをじょうぶにする・目をよくする・かぜをひきにくくする)
両方に関係する働き−−−食物繊維
(便秘をふせぐ)

■17種の野菜の分け方を確認する

■クイズ

■6班編成

野菜カード17種
(指導者用)


野菜カード17種
(児童用)


プリント1
野菜を知ろう



























■実物
人参・大根・なす
きゅうり・ごぼう

働き絵カード

栄養素カード








まとめプリント
わかったことや感想
 
授業で使った指導媒体
イメージをクリックすると拡大表示されます。下のボタンでダウンロード可能。
※PDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方はこちらをクリックしてダウンロードしてください。(無償)
プリント1 野菜を知ろう わかったことや感想記入シート 野菜カード(17種)
プリント1 野菜を知ろう わかったことや感想記入シート 野菜カード(17種)
働き絵カード    
働き絵カード    
指導媒体を一括ダウンロードできます。一括ダウンロード

前の事例へ移動します。
元気っ子クラブ | イベント情報 | 第2次大阪府食育推進計画 | つづけよう食育 | 健康栄養情報 | 食育応援団 | サイトマップ | お問い合わせ | 食育関連リンク