トップページへ移動します。
ここからメニューが始まります。メニューのあとに本文が始まります。
トップページ > はじめよう食育 > アラカルト編(小学校):食べ物のはたらき(熊取町)
 食べ物のはたらきを知ろう(東大阪市)  給食たんけん(高石市)
 体の好きな食べ物なあに(高槻市)  おやつの選び方(大阪府)
 食べ物のいいところ探しをしよう(高槻市)
 毎日の生活と健康(池田市)
 オレンジジュースを作ろう(寝屋川市)
 楽しい食事をくふうしよう(藤井寺市)
 作っておいしく食べよう(羽曳野市)
 作っておいしく食べよう(河内長野市)
 主食・主菜・副菜について知ろう(富田林市)

 テーマ 食べ物のはたらき
 対象学年 3年生
 授業科目 体育科
 実施時間 45分
 実施校 熊取町立中央小学校
 所在地 泉南郡熊取町野田2-2-1
 担当者 技師 林 恵子
 電話番号 0724-52-6464
 FAX番号 0724-52-6464
今すぐ使える指導案
1時限目のねらい
   食べ物は体内での働きにより、3つのグループに分けられ、この3つのグループの食品をバランス
   よく食べることが健康を守るために大切であることがわかる。
   給食には健康増進や成長に必要な栄養素がバランスよく含まれていることがわかる。
過程 学習活動 指導上の留意点 資料・準備
導入 食べ物について学習することを知る。 ・栄養士が給食の献立を立てる時に気をつける点はどんなことかを考えさせる。

・「給食でみんなの健康をどのように守っているかを説明します。」
献立表
給食カレンダー
展開 今日の給食の材料を3つのグループに分ける。

・できあがった表を見て、気がついたことを発表する。

・健康と食べ方の関係を知る。
・給食の献立を参考にする。
赤:体をつくるもとになる食品
緑:体の調子を整える食品
黄:熱や力のもとになる食品


・1人1枚の食品カードを与え、3色のグループに分類させる。
赤:(例)「海でとれる」「動物」
緑:(例)「野菜や果物」
黄:(例)「粉っぽい物」「油」等

・なぜ給食には3つのグループの食品が必ず入っているのかを知らせる。
赤が不足:骨や歯が弱くなる
緑が不足:カゼなどの病気にかかりやすい
黄が不足:元気が出ない

・健康な体を作るには、3つのグループの食べ物を組み合わせて食べることが必要であることを知らせる。
食品カード











三色団子
まとめ 自分の食生活を振り返り課題を見つける。 ・発表させる。 ワークシート
パンフレット
 
授業で使った指導媒体
イメージをクリックすると拡大表示されます。
三色団子    
三色団子    
 
実施者の感想
3年生の児童は毎月の給食献立表や給食放送等で、三色栄養について、見たり聞いたりする範囲での知識はあるが、詳細までは理解していないようである。しかし、食べることに関しては意欲的で給食の残菜も少ない。
第3学年の体育科で、学校内で健康をまもる仕事について学習する単元がある。そこで、この学習との関連で、三色栄養について詳しく学習させたいと考えた。
教材として、その日に食べた給食をそのまま生かしたかったので、授業時間は5時限目に設定した。

まず、その日の給食にどんな食材が使われていたかを尋ね、それらを3つのグループに分類し、それぞれの働きを説明した。次に児童全員に1人1枚ずつ、食品を書いたカードを配り、3つのグループのどこに入るかを考えさせ、前の黒板に分類して貼りつけてもらった。この作業はこの授業のメインとなる部分であり、児童は皆、大変楽しんで行っていたと思う。

次に、健康をまもるためには3つのグループの食品を組み合わせて食べることが大切だ、ということを説明するのに媒体として3色ダンゴを使用した。これは栄養三色が必要で、二色や一色では健康は守れないことを説明するのに役立った。児童は今回の学習で、三色栄養について初めてそういうことだったのか、と理解してくれたようである。

しかし、実際には好き嫌いがある児童が多数いる現状である。今回の学習により、嫌いな物でも体にとって大切な働きがあることがわかったので、そういう点からも、少しでも好き嫌いを減らすきっかけにしてくれたらと願っている。

今後、このような学習を実生活で生かしていくためには、1回きりではなく繰り返し行うことが大切だと考える。そうすることで嗜好だけでなく健康面からも食事について考えられるようになると思うので継続して行っていきたい。

子供の感想
かなは、すききらいがおおいけど、これからは、きらいなものをがんばって食べたいです。
これからは、あか、みどり、きいろをまもって食べたいです。
とくに、きらいな食べものはトマトです。でも、やさいなので、がんばって食べたいです。
なんでトマトがきらいかと言うと、かむとプチッとでてくるのがきらいです。これからは、がんばって食べたいです。おわり。

いろんな食べ物を食べなかったら体がわるくなることがわかった。

どんな食べ物がどんなはたらきをするかわかった。とうふやだいずは、ねつや力のもとになると思ったけど、ほねやきんにくをじょうぶにする食べものだった。
これからは三色をまもろうと思う。それから、きらいなうずらのたまごも、これからはふつうに食べられるようになろうと思います。ほかにきゅう食にでたことはない食べものも、たべられるようになろうと思います。

今日は、食べ物のはたらきの事について林先生がおしえてくれました。今日、教えてもらってうれしかった。また教えて下さい。

知らなかったことがいっぱいあった。家でも赤・緑・黄をぜんぶ食べたい。

今日林先生が来てくれて3つのグループの食べ物を食べないとだめなことがわかった。赤はほねやきんにくをじょうぶにする食べ物、緑は体のちょうしをよくする食べ物、黄はねつや力のもとになる食べ物で、その3つを食べないとびょうきになったり元気がなくなると分かった。きらいな物があるけど、林先生がそのことをおしえてくれたから、きらいな物でも食べるゆうきができてよかった。


前の事例へ移動します。
元気っ子クラブ | イベント情報 | 第2次大阪府食育推進計画 | つづけよう食育 | 健康栄養情報 | 食育応援団 | サイトマップ | お問い合わせ | 食育関連リンク