トップページへ移動します。
ここからメニューが始まります。メニューのあとに本文が始まります。
トップページ > はじめよう食育 > 野菜バリバリ編(小学校):野菜のことを知ろう(寝屋川市)
 野菜をすきになって食べよう(箕面市)
 野菜のひみつ(高石市)
 野菜を知ろう(東大阪市)
 野菜を食べよう(島本町)
 野菜のことを知ろう(寝屋川市)
 野菜を食べよう(枚方市)
 野菜を食べよう(貝塚市)

 テーマ 野菜のことを知ろう
 対象学年 3・4年生
 授業科目 総合的な学習の時間
 実施時間 1時間
 実施校 寝屋川市立木田小学校
 所在地 寝屋川市木田元宮1-17-1
 担当者 学校栄養職員 石川友美
 電話番号 072-824-1050
 FAX番号 072-820-8060
今すぐ使える指導案
1時限目のねらい
   野菜に興味を持ち、健康を保つためには大切な食品であることを知り、進んで食べようとする
   態度を身につける。
過程 学習活動 指導上の留意点 資料・準備
導入 @カードゲームで野菜の仲間や形に親しむ。
グループにわかれて、カードゲームで遊ぶ。
野菜つみとりゲーム(変形)
ポーカー831
(野菜カード)
Aとった野菜の数を発表する。 班で一番たくさんとった人が数を発表する。
展開 B知らない野菜を説明する。 カードの中で知らないものについて説明する。(ずいき・ふき・カリフラワー等)
マグネットシート
(野菜カード)
C知らない野菜・好きな野菜・嫌いな野菜を選ぶ。 各自、カードゲームに出てくる野菜で知らない物・食べたことのない物に×、好きな食べ物に○、嫌いな物に△をつける。
ワークシート
「やさいのことを知ろう」
D野菜を2つのグループにわける。 緑黄色野菜とその他の野菜にわける。 マグネットシート
(野菜カード)
E自分の選んだ物を確かめる。 自分の好きな野菜の中に緑黄色野菜とその他の野菜の両方が入っているか、確かめる。  
F野菜は体内でどんな働きをするか考える。 三色栄養のどこに入るか発表させる。
体の調子をよくする。
病気を防ぐ
イライラを押さえる
血液をさらさらにする
おなかの調子をよくする
なかのそうじをする
体の悪い物を出す
骨や歯を丈夫にする
三色栄養の表

働きを書いた絵

働きカード
Gどれだけの量を食べたらいいか知る。 緑黄色野菜 100g
その他の野菜 200g
合わせて300gをめやすにする。
どれくらいの量か手秤で知らせる。
片手グーで100gくらい
 
まとめ I野菜を食べることの大切さについてまとめる。 今後の生活に生かせるようにする。 ワークシート
 
その他 その日は、給食を一緒に食べさせていただきます。
後日、「野菜クロスワード」を配ります。おうちの方と挑戦してみましょう。
指導後、『学校給食だより』で学習内容を家庭にお知らせします。
子ども達の知らない野菜を給食の献立に取り入れる。(カリフラワー)
※高学年は野菜の食べ方についても学習しました。
 
授業で使った指導媒体
イメージをクリックすると拡大表示されます。下のボタンでダウンロード可能。
※PDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方はこちらをクリックしてダウンロードしてください。(無償)
やさいのことを知ろう やってみよう やさいクロスワード 学校給食だより
やさいのことを知ろう やってみよう やさいクロスワード 学校給食だより
働きを書いた絵    
働きを書いた絵    
指導媒体を一括ダウンロードできます。一括ダウンロード
実施者の感想
おやつやジュース等子ども達が好きなテーマの時は、指導に興味を示してくれるのですが、野菜等苦手なテーマにはなかなか興味を示してくれないのが現実です。しかし、今回使用した『Poker831(野菜)』はとても絵がきれいで、カードゲームとして遊べるということもあり、低学年から高学年までの子ども達が楽しみながら取り組むことができました。

また、このカードはただ遊ぶだけでなく、ワークシートにしたことで、好き・嫌い・知らない野菜等も個人、学年、学校全体と様々な角度から把握でき、給食の献立等いろいろな場面に活用することができました。今後もこのような教材に出会えたらいいなと思っています。

子供の感想
導入として、 『Poker831(野菜)』を使ってカードゲームをすることにしました。子ども達はカードが揃って1つの野菜が完成すると机に並べ、それがたくさんに集まると「みてみて」と周囲の子ども達に見せていましたし、少ない子は「これだけや」と言いながらも、班で和気あいあいと、とても楽しんで取り組みました。

『ずいき』や『ふき』は「おばあちゃんちで食べたことがある」という子、「カリフラワーはブロッコリーの白いの」とよく知っている子もいましたが、残念ながらカードでは実物の大きさがよくわからないため、『ずいき』のことを『はじかみしょうが』と勘違いし、「旅館で焼き魚の上に乗ってるやつ」「てんぷらにのってる」と言う子もいました。

知らない野菜にあげられたものは予想どおり、スーパーや青果店で見かけなくなり、家庭でも料理されることがほとんどなくなってきた、『ずいき』・『カリフラワー』・『ふき』で半数以上の子が知らなかったり、食べたことがないという事でした。
好きな野菜は『ブロッコリー』・『きゅうり』・『きゃべつ』・『にんじん』・『レタス』で、普段食べ慣れたものが多く、サラダや炒め物等簡単にできる料理の材料が多いようです。
嫌いな野菜は以前にも調べたことがありますが、『ピーマン』・『なす』・『ししとう』・『しいたけ』等、癖のある野菜が苦手なようです。

1日に必要な野菜の量は、「ええ、そんなに食べなあかんの」「それやったら、給食お代わりしたらいいやん」とか、「食べ過ぎてると思うわ」という様々な反応があり、一日の必要量についてはなかなかわかりにくいようでした。また、朝ご飯に野菜を食べてきている子も少なく、毎日しっかり野菜をとることの難しさも実感しました。
この『Poker831(野菜)』を使ってカードゲームは、 「もう一回したい」「もっとしたい」ととても楽しかったようです。


前の事例へ移動します。
元気っ子クラブ | イベント情報 | 第2次大阪府食育推進計画 | つづけよう食育 | 健康栄養情報 | 食育応援団 | サイトマップ | お問い合わせ | 食育関連リンク