No.33

おおさか食育マガジン

−2013年3月号−

 弥生三月、待っていた春の訪れです。太陽の光が色を増し気持も華やぎます。冬の間運動不足だった方もウォーキング等で、春の日差しを楽しみましょう。

今月号の情報一覧

ページの先頭へ戻る

このページでは、野菜が多いメニューや栄養バランスのとれたメニューを提供し、生活習慣の改善を応援する取組みをしている大阪府内の飲食店をご紹介しています。

今月、新たにヘルシー居酒屋協力店 6店舗の情報を追加しました!

詳細は、あなたの健康づくりを応援するお店ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

大阪府内で生産される農林水産物や大阪の特産加工食品のブランド「大阪産(もん)」の魅力を発信するのがメールマガジン「大阪産(もん)ファン通信」。

地元の食べ物をおいしく召し上がっていただけるよう旬の大阪産(もん)や料理レシピをご紹介。また、新鮮なお野菜や地元農産物を使った加工食品などをお買い求めいただける地産地消のイベントも併せてご紹介。

その上、読者の皆様に抽選で大阪産(もん)が当たるプレゼント企画「当たるで!大阪産(もん)」も好評実施中。ぜひご登録・ご応募ください。


▼「大阪産(もん)ファン通信」プレゼント応募ページはこちらから▼
  http://www.pref.osaka.jp/nosei/osakamon/mailmaga/presentevent.html


▼大阪産(もん)のホームページはこちらから▼
  http://www.pref.osaka.jp/nosei/osakamon/


ページの先頭へ戻る

無理なダイエットをしていませんか?
自分の適正な体重や体格指数(BMI)を知っていますか?

太ったり、やせたりするのは「食べたエネルギー量」と「使ったエネルギー量」の両者のバランスが崩れた結果です。「体格指数(BMI)」はこのエネルギーのバランスを知る簡単な指標です。「太りすぎ」「やせすぎ」どちらも注意が必要です。

自分の適正な体重や体格指数(BMI)を知っていますか?

平成22年国民健康栄養調査の結果では、20歳代女性の「やせ(BMI18.5未満)」の者の割合は29.0%と他の年齢層より多く、単年で比較すると平成21年より6.7ポイント増加しています。

平成23年度高校生・大学生を対象に実施した「KA・RA・DA元気セミナー」のアンケート結果では「やせ(BMI18.5未満)」の者は高校生女子が17.4%大学生女子が9.1%と高校生女子に多い傾向がみられました。

朝食や夕食の欠食、特定の食品のみの摂取によるダイエット、炭水化物を一切摂取しないダイエットなど極端なダイエットは体調を崩す原因になります。無理なダイエットは月経不順や貧血等の身体症状の原因や将来の骨粗鬆症などの原因にもなる危険性もあります。

「KA・RA・DA元気セミナー」では、若年者の食生活の乱れ、やせ・肥満等による生活習慣病の低年齢化の問題が深刻化しているなか、特に朝食の欠食を減らすことや野菜の摂取量を増やすこと等の健全な食生活の実践を図り、その体験を同世代の仲間へ普及啓発することで、実践者の増加をめざして取組んでいます。主な取組み事例は当ホームページの「つづけよう食育!」に掲載されていますので参照ください。
http://www.osaka-shokuiku.jp/tsuzukeyou/quicksearch_genki.php?keys1=若年期の生活習慣予防

健康づくりの基本は食事と運動です。

次のような食事をしていませんか?

健康づくりの基本は食事と運動です

「食事バランスガイド」を利用し主食・主菜・副菜を上手に組み合わせて食べましょう!

リーフレット「気をつけよう!若い女性のやせすぎ」(発行 大阪府健康医療部)より一部抜粋

※リーフレット「気をつけよう!若い女性のやせすぎ」(発行 大阪府健康医療部)より一部抜粋

● 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

● 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る

[ 閉じる ]