No.35

おおさか食育マガジン−2013年5月号−

清々しい五月晴れが心地よい季節となりました。新年度も1ヶ月が過ぎ、疲れも出やすい頃です。健康管理に気を付けましょう。

今月号の情報一覧

ページの先頭へ戻る

イベントニュース

‘13食博 大阪府ブースで食育ミニステージを行います!

‘13食博覧会・大阪の大阪府ブースにおいて、(社)大阪府栄養士会が楽しい食育ミニステージを行います!事前申込みは不要です。食博覧会へお越しの際は、ぜひご参加ください。

日時・内容

1. 5月1日(水)午前11:00〜12:00
・ペープサート「にんじんちゃちゃちゃ」(いけだ地域活動栄養士会 葉菜の会)
・エプロンシアター「たべもののゆくえ」(東大阪地域活動栄養士会)
・ペープサート「あさこちゃんのあさごはん」(岸和田フリー活動栄養士会)
2. 5月1日(水)午後3:00〜4:00
・ペープサート「にんじんちゃちゃちゃ」(いけだ地域活動栄養士会 葉菜の会)
・エプロンシアター「たべもののゆくえ」(東大阪地域活動栄養士会)
・「みんなで歌おう。米・豆・魚の歌」((社)大阪府栄養士会 理事)

場所

'13食博覧会・大阪 日本の味覚館
(インテックス大阪 6号館A)大阪府ブース
注)'13食博覧会・大阪は入場料が必要です。詳細は関連ホームページを御覧ください。
'13食博覧会・大阪ホームページ
ページの先頭へ戻る

大阪府庁本館食堂ヘルシーセットが「あまから手帖」に掲載されました!

連日大人気の大阪府庁本館食堂ヘルシーセットが、あまから手帖2013年5月号に掲載されました!
あまから手帖2013年5月号に掲載されました!

ヘルシーセットの詳細は、イベント情報ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

「みんなで広げよう!おおさかの食育」

KA・RA・DA元気セミナー結果から「主食 ・ 主菜 ・ 副菜をそろえて」

平成24年度に高校生・大学生等を対象に実施した「KA・RA・DA元気セミナー」の食生活アンケート結果から「主食 ・ 主菜 ・ 副菜を毎日そろえて食べる」と答えた人は、セミナー開始時、終了時とも約2割でした。

また、朝食では「主食 ・ 主菜 ・ 副菜をそろえて食べる」と答えた人の割合は、朝食を「週に2〜3日食べる」「週に4〜5日食べる」「ほとんど毎日食べる」と回答した人のうちの1割未満でした。このことから、朝食内容が、主食のみであったり、主食と主菜のみである高校生や大学生が大半であるという結果です。

毎食、「主食 ・ 主菜 ・ 副菜」をそろえて食べることが栄養バランスのとれた食事につながります。

主食や主菜のみでなく、副菜の野菜をたっぷり摂るよう心がけましょう。

野菜には、ビタミン、ミネラル、食物せんいなどが含まれており、毎日の体調管理に必要な栄養素を摂ることができます。

主食

ごはん パン 麺類
ごはん パン 麺類

主菜

魚類 肉類 豆腐 ・ 大豆製品 卵類を中心としたおかず
野菜 きのこ類 海草類のおかず

副菜

野菜 きのこ類 海草類のおかず
野菜 きのこ類 海草類のおかず

副菜のうち、野菜摂取量の目標値は、「健康日本21(第2次)」において、成人一日350グラムとされています。また、第2次大阪府食育推進計画においても、15〜19歳の野菜摂取量が一日350グラムとなるよう食育を推進しています。

この春、新生活をスタートさせて一人暮らしをはじめた学生の方に、朝食に副菜をとる方法として、洗うだけですぐに食べられるレタスやミニトマト、また、春キャベツやベビーリーフなどは柔らかいので包丁を使わないで、ちぎるだけで調理が簡単です。具だくさんのみそ汁やフライパンひとつでできる野菜炒めなどもおすすめです。

第2次大阪府食育推進計画の合言葉『「野菜バリバリ朝食モリモリ」〜野菜あと100g、朝食で野菜を食べよう!〜』をモット−に、朝食に副菜(野菜のおかず)をつけて、毎食「主食 ・ 主菜 ・ 副菜」の3つをそろえて食べましょう。

※ KA・RA・DA元気セミナーの取組みは、つづけよう食育メタボ予防編に掲載しています。

※ 第2次大阪府食育推進計画の全文は大阪府のホームページで公開しています。

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る

 発行 おおさか食育マガジン編集局

 ご意見・お問合わせ http://www.osaka-shokuiku.jp/toiawase.html

[ 閉じる ]