No.38

  

おおさか食育マガジン−2013年8月号−

 厳しい暑さが続いており、熱中症にかかる人が増加しています。熱中症は、屋外の炎天下で運動している時に起こりやすいのですが、近年室内での発生が増えています。久しぶりの熱い環境下での活動や暑い室内は要注意です。帽子や日傘、室内の温度管理、こまめな水分補給をこころがけましょう。

今月号の情報一覧

ページの先頭へ戻る

イベントニュース

「おおさか食育フェスタ2013」開催のお知らせ

「おおさか食育フェスタ2013」は、保育所・幼稚園、学校や家庭、地域、産地、企業等が相互に連携した参加型のイベントです。

今年は「伝える食育、まず私から!」をテーマに、食育ヤングリーダーや健康おおさか21・食育推進企業団によるステージ、また管理栄養士養成校の学生による食育ブースなども出展します。夏休みの思い出づくりにぜひご参加ください!

とき
8月7日(水曜日)10時00分から18時00分
ところ
大丸心斎橋店 本館7階催場
※昨年度と場所が異なります。ご注意ください!
内容
体験型食育ブース
食育ステージ
愛情お弁当コンテスト表彰式

※詳細は、イベント情報「おおさか食育フェスタ2013」開催のお知らせページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

「野菜バリバリ朝食モリモリ元気っ子」推進キャンペーン開催のお知らせ

「野菜バリバリ朝食モリモリ元気っ子」推進キャンペーンは、スーパーマーケットでのお買い物の際に、楽しい遊びのコーナーを通じて、野菜を食べることや朝ごはんの大切さを親子で学べるイベントです。参加された子どもさんには食育グッズを差し上げます。夏休みの思い出づくりにぜひご参加ください!

とき
8月19日(月曜日)10時00分から17時00分
ところ
イオン高槻店、平和堂アル・プラザ枚方、ダイエー金剛店、 イズミヤ和泉中央店、オークワ スカイシティ泉南店、 アリオ鳳内・イトーヨーカドー、関西スーパー ベルタ店
内容
  • 野菜・果物のツリーであそぼう!学ぼう!
  • 「この野菜・果物の名前はなんていうの?」名前当てクイズ
  • 毎日これだけ食べてほしいな!はかってみよう!
  • 1日に必要な野菜の量
  • ポーカー831(やさい)であそぼう!
  • 野菜の釣り堀で楽しくあそぼう!
  • 朝ごはんと野菜のおめんをつくろう!  など

※開催内容は店舗により異なります

ページの先頭へ戻る

平成25年度食育ヤングリーダー育成支援事業のお知らせ

大阪府主催の「平成25年度食育ヤングリーダー育成支援事業」を実施します。

若い世代への適切な食育の知識の普及、機運の醸成、若い世代の担い手(食育ヤングリーダー)の育成支援を図るため、高校生及び大学生の食育活動を広く募集し、その活動を表彰・支援する「食育ヤングリーダー育成支援事業」を実施し、府民の健康づくりを推進します。

募集内容
「野菜摂取」「朝食摂取」「大阪産(もん)食材」をテーマに、幼稚園・保育所、小中学生、クラスメイト等同世代の仲間を対象にした啓発活動
応募期間
7月12日(金曜日)から9月13日(金曜日)
応募資格
1.大阪府内在住・在学の高校生、大学生等のグループ
2.同一校からの応募は1件とします
応募方法
応募申込用紙に必要事項を記入し、メール又は郵送

※その他の詳細は、食育ヤングリーダー育成支援事業ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

食と防災シンポジウム2013
『備えてまっか〜!まさかの時の食-U』開催のお知らせ

災害から個人や家族、地域を守るためには、私たち一人ひとりが災害への認識を深め、日頃の備えを強化することが重要です。そこで、9月の「防災月間」に、自助(個人)、共助(地域、大学)、公助(行政)の必要性の理解を深めるためにシンポジウムを開催します。入場無料です。ぜひお越しください。

とき
9月9日(月曜日)13時20分から16時20分(開場12時30分)
ところ
相愛学園本町学舎講堂
大阪市中央区本町4−1−23
地下鉄「本町」駅C階段4号出口すぐ
内容
第1部(13時30分)
講演1「大規模災害時における消防活動」
        
大阪市消防局警防部警防訓練担当課課長 住田 徹
講演2「食物アレルギーの正しい知識と関わり方」
        
(地独)大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
小児科診療医長 高岡 有理
第2部(15時00分)
パネルディスカッション「忘れていませんか 自分の非常食」
展示コーナー(12時30分から16時10分)

※その他の詳細は、イベント情報「食と防災シンポジウム2013」ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

北河内地域「KA・RA・DA元気セミナー」指導者研修会

高校・大学生等の健康管理に携わる方々に、若い世代からの将来の生活習慣病予防と、その取組みについてご理解を深めていただき、健康づくりに取り組む学校が増えることを目的として指導者研修会を開催いたします。

対象
北河内ブロック保健所管内(四條畷・守口・寝屋川・枚方)の高校・大学等関係者
(家庭科・保健体育教諭、養護教諭、栄養士、健康管理看護師等)
とき
8月2日(金曜日)9時30分から12時00分(受付9時より)
ところ
枚方市立総合福祉会館「ラポールひらかた」 3階 研修室1
(枚方市新町2丁目1-35)
京阪本線「枚方市駅」下車、徒歩3分
内容
1.高校・大学生の生活習慣病予防対策事業
「KA・RA・DA元気セミナー」平成24年度報告と25年度進捗状況
2.報告「KA・RA・DA元気セミナーを実施して」
(1)保健所から
発表者 保健所 管理栄養士
(2)高等学校から
発表者 学校法人大阪電気通信大学
大阪電気通信大学高等学校
教諭(体育主任)唐原 太 先生
3.講義と実技「子どもに伝えたい!〜キレイでかっこよくなれるBodyづくり、運動と栄養〜」
講師 ハッピーファミリーグループ代表
日本健康運動指導士会理事・栄養士   池端 裕子 氏
4.グループワーク
「学校における健康教育の取組みについて」
講師より助言
ページの先頭へ戻る

泉州地域「KA・RA・DA元気セミナー」指導者研修会

若年者の食生活の乱れ、やせ・肥満等による糖尿病等の生活習慣病の低年齢化が深刻化しているなか、将来の生活習慣病を予防することは、健康づくりを推進するための重要な課題であります。

そこで、若年者が健康的な食行動ができる力を身につけ実践が図れるよう、高校・大学生等の健康管理に携わる方々に食や運動に関する情報を提供し、継続的に健康づくりに取組む学校が増えることを目的として指導者研修会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

対象
泉州地域保健所管内(和泉・岸和田・泉佐野保健所)の大学・高等学校・専門学校等の健康管理担当者(養護教諭、栄養教諭、体育教諭、家庭科教諭、生活指導担当等)、 管内市町行政栄養関係担当者、地域活動栄養士会会員
とき
8月9日(金曜日)14時00分から17時00分(受付13時30分より)
ところ
大阪府泉佐野保健所 3階 講堂
泉佐野市上瓦屋583−1
JR阪和線「熊取駅」から徒歩約16分、
南海本線「井原里駅」 から徒歩約8分
内容
1.講義「成長期の栄養・食事学〜脅迫の栄養学はいけない〜」
講師 大阪体育大学 体育学部 大学院スポーツ科学研究科長
教授 岡村 浩嗣 氏
2.高校・大学生の生活習慣病予防対策事業
「KA・RA・DA元気セミナー」の実践報告
(1)大阪体育大学での取組〜保健所の立場から〜
大阪府泉佐野保健所 広域栄養チーム 管理栄養士
(2) 媒体を活用した体験型セミナーの取組
岸和田フリー活動栄養士会  管理栄養士
3.グループワーク、情報交換
「学校で取組む健康教育について」
ページの先頭へ戻る

食の安全安心シンポジウム〜牛肉の安全性を考える〜

食肉の生食による食中毒のリスクや牛海綿状脳症(BSE)対策等、牛肉に関する安全性について一緒に理解を深めることを目的としたシンポジウムを開催します。

第1部の基調講演では、「牛肉に関する食品健康影響評価」、「牛肉の安全性対策」及び「と畜場での衛生管理」について、食品安全委員会、厚生労働省及び大阪府松原食肉衛生検査所から説明します。

第2部のパネルディスカッションでは生産者、事業者、消費者、行政それぞれの立場から牛肉の安全性に関する議論を行います。その後、参加者の皆さんからの疑問にパネリストがお答えしながら意見交換します。

皆さんで牛肉の安全性について考えましょう!ご参加お待ちしております。

とき
9月18日(水曜日)
13時30分から16時30分 (13時00分 受付開始)
ところ
大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)7階ホール
大阪市中央区大手前1丁目3番49号
主催
大阪府
共催
大阪市、堺市、豊中市、高槻市、東大阪市
参加費
無料
定員
300名

お申込みについて

申込み方法
必要事項(氏名・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号)をご記入の上、郵送、FAX、電子申請のいずれかの方法で下記あてにお申込みください。
※募集締切:8月23日(金曜日)(必着)
※応募者多数の場合は、抽選で参加者を決定し、当選者の発表は参加証の発送をもって代えさせていただきます。(9月初旬に発送予定)
申込み先
郵送:〒540−8570(住所記載不要)
府民お問合せセンター「食の安全安心シンポジウム」係
FAX:06−6910−8005 「食の安全安心シンポジウム」係
電子申請:大阪府インターネット申請・申込みサービス
申込書等
申込書のダウンロード等、詳細はこちらをご覧ください。

お問合せ先

府民お問合せセンター
06−6910−8001
平日 9時00分から18時00分(土日祝日休み)
ページの先頭へ戻る

「田んぼの生きもの教室」開催のお知らせ

農薬を全く使わない田んぼでお米や魚を育て、昆虫やカエルなどの生きものにふれることで生物多様性および食の安心や安全性について学ぶことを目的とし、以下の通り観察会を開催いたします。

「田んぼの生きもの教室」

対象
小学生とその保護者(10組)
次回以降通しで参加が可能な方 
※参加人員に達し次第締め切ります。
内容
第2回「田んぼの生きもの教室」 生きものさがしと魚とり
とき:8月4日(日曜日)9時30分から12時00分(予定) 受付は9時より
雨天・荒天の場合は8月10日(土曜日)の同時刻に順延します

田植え後、田んぼに集まってくる生きものをさがします。また、田植え時に放流したタモロコを採集してどれだけ大きくなったか測定します。

観察できる生きもの
オタマジャクシ・ハイイロゲンゴロウ・アメンボ・トンボ類のヤゴ・ギンヤンマ・チョウトンボ・シオカラトンボなどのトンボ類
第3回「田んぼの生きもの教室」 生きものさがしと魚とり
とき:9月1日(日曜日)9時30分から12時00分(予定) 受付は9時より
雨天・荒天の場合は9月8日(日曜日)の同時刻に順延します

稲の穂が出るころに田んぼに集まってくる生きものをさがします。また、田植え時に放流したタモロコを採集して放流した時に比べどれだけ大きくなっているか測定します。

観察できる生きもの
ツチガエル・ヌマガエル・トンボ類のヤゴ・ギンヤンマ・アカトンボなどのトンボ類
第4回「田んぼの生きもの教室」 稲刈り体験
とき:10月19日(土曜日)9時30分から12時00分(予定) 受付は9時より
雨天・荒天の場合は10月26日(土曜日)の同時刻に順延します

鎌を使って実った稲を刈取り、昔ながらの方法で天日干しをします。また、稲刈りの頃に田んぼに集まってくる生きものを観察します。

観察できる生きもの
ツチガエル・ヌマガエル・アカトンボなどのトンボ類
ところ
大阪府立環境農林水産総合研究所 水生生物センター
寝屋川市木屋元町10−4
ご来場には下記の公共交通機関をご利用ください。

京阪「寝屋川市駅」下車駅前バスターミナルより京阪バス太間公園行きバスに乗車し終点の太間公園下車徒歩5分 
(ゆき 寝屋川市駅発8時48分)、(かえり 太間公園発12時12分・12時42分)

京阪「香里園駅」下車京阪香里園西口バス停よりタウンくる木屋経由西コミュニティーセンター行きに乗車「淀川河川公園」下車徒歩3分
(ゆき 京阪香里園西口発9時07分)、(かえり 淀川河川公園発12時43分)

徒歩の場合は京阪「香里園駅」下車徒歩20分

問い合わせ
水生生物センター 072-833-2770 (平日9時00分から17時00分)

参加申し込みについて

いずれかの方法でお申込みください。

締め切りは各観察会開催1週間前です。

主催

地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所 水生生物センター

第一回「田んぼの生きもの教室内容」 

6月22日(土曜日)に第一回「田んぼの生きもの教室」田植えとタモロコの放流を実施しました。参加者は田んぼに足を取られ悪戦苦闘していましたが、時間が経つにつれてだんだん慣れてきました。
第一回「田んぼの生きもの教室」田植えとタモロコの放流
田植え後にタモロコの放流を行いました。タモロコは卵からかえってから1か月後(大きさ1.4p)の稚魚を放流しました。放流後20日には全長4pを越える大きさに成長していました。
タモロコの放流を行いました。
ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

8月は「大阪府食育推進強化月間」です!

大阪府では、夏休みで生活習慣が不規則になりやすい8月を「大阪府食育推進強化月間」と定め、「野菜バリバリ朝食モリモリ〜野菜あと100g、朝食で野菜を食べよう!〜」を合言葉に、各団体等との連携・協働により、啓発イベントを実施し、食育を推進しています。

啓発イベントの詳細は、イベント情報ページをご覧ください。

また、毎月19日の「食育の日」を「野菜バリバリ朝食モリモリ推進の日」と定め、「野菜をたっぷりとり、朝食をしっかり食べる」ための継続的な運動を各団体との連携・協働により行うとともに、食物に対する感謝の念や理解が深まるよう、普及啓発を行っています。

「野菜バリバリ朝食モリモリ推進の日」には、ふだんの食生活を見直してみましょう。

※「食育の日」は、食育推進運動を継続的に展開し、食育の一層の定着を図るための機会として、「食育推進基本計画」により定められました。詳しくは、内閣府のホームページをご覧ください。

野菜バリバリ朝食モリモリ さあ!みんなで実行!7つのポイント

みんなで楽しく食べよう!
  • 「食事バランスガイド」で1日の食事をチェックして、朝・昼・夕バランスよく食べましょう!
  • 朝食モリモリ!早起きして朝ごはんをしっかり食べましょう!
  • 野菜バリバリ!野菜は朝・昼・夕で1日5皿食べましょう!
  • 食べる前にせっけんでていねいに手を洗いましょう!
  • 食事は残さず食べましょう!
  • 「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつで、感謝の気持ちを忘れずに!
  • 大阪で作られた農産物や加工品をどんどん食べましょう!
野菜バリバリ朝食モリモリ さあ!みんなで実行!7つのポイント野菜バリバリ朝食モリモリ さあ!みんなで実行!7つのポイント
ページの先頭へ戻る

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページのイベント情報を更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。

今月は青山大学と帝塚山大学(五十音順)でオープンキャンパス開催のイベント情報があります。

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

「あなたの健康づくりを応援するお店」が増えました!

このページでは、野菜が多いメニューや栄養バランスのとれたメニューを提供し、生活習慣の改善を応援する取組みをしている大阪府内の飲食店をご紹介しています。

今月、新たにヘルシー居酒屋協力店4店舗、ヘルシー中華1店舗の情報を追加しました!

詳細は、あなたの健康づくりを応援するお店ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

認証マーク「大阪育ちのこころちゃん」を探してみよう!!

大阪版食の安全安心認証制度の認証マーク「大阪育ちのこころちゃん」を見かけたことはありますか?
みなさんの街で、ぜひ「こころちゃん」を探してみてください!!

やってます 食の安全安心

認証マークの愛称「大阪育ちのこころちゃん」

認証マーク「こころちゃん」とは??

おいしいと評判のお店に行ったけど、テーブルの下やトイレが不衛生でがっかり…といった経験はありませんか?そんながっかり感をなくすために努力しているのが、「こころちゃん」を掲示したお店です!!

大阪府では、食の安全安心に関する取組を積極的に行っている飲食店や食品製造施設、食品販売施設を認証する「大阪版食の安全安心認証制度」を設け、府民から信頼される施設を増やす取組をしています。認証を受けると、認証マーク「こころちゃん」を店頭や広告、ホームページ、配送車等に掲示できます。

つまり、「こころちゃん」を掲示しているお店や工場は、お客様のことを最優先に考え、衛生管理や従業員教育など、食の安全安心に関する取組を積極的に行っている施設なんです!!

みなさんも、「こころちゃん」のいるお店を探して、利用してみてください。「こころちゃん」のいるお店では、きっと気持ちよく、居心地よく、笑顔でおいしい食事が楽しめますよ!!

また、「こころちゃん」のいる工場で作られた製品も、ぜひ食べてみてください。お客様のことを考えて真心込めて作られた安全安心な製品で、きっと「こころちゃん」のように笑顔になれることでしょう!!

認証を取得するには??

認証制度では、食の安全安心の取組に関する基準を設定しております。この基準を一定水準以上満たしていれば、認証を取得することができます。具体的にどんな取組をしている施設に「こころちゃん」が掲示されているのか、認証基準をご覧になってみてください。

また、食品関連施設で働く方は、ぜひ一度、基準に沿って施設を自己採点してみてください!!

この基準のうち、衛生管理項目については、ご家庭での衛生管理に活用できる部分があります。夏を迎え、食中毒が多くなる時期ですので、消費者の方もご家庭の衛生面をチェックして、食中毒予防の参考にしてください!!

大阪版食の安全安心認証制度

認証制度の詳細、認証施設一覧及び認証基準は、こちらから

また、過去の食育マガジン−14号−−27号−でも、制度の詳細やメリットを紹介しております。

新しい認証施設情報は、大阪府食の安全安心メールマガジンで随時お知らせします。その他、食に関する様々な情報もお送りしております。食の安全安心メールマガジンのご登録はこちらから

ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る

 発行 おおさか食育マガジン編集局

 ご意見・お問合わせ http://www.osaka-shokuiku.jp/toiawase.html

[ 閉じる ]