No.60

おおさか食育マガジン−2015年6月号−

 6月は雨の日が多く、気温や湿度も上がってくる季節です。食中毒予防のため、食品の管理や保存方法に注意し、調理の際はしっかり火を通すように心がけましょう。
今月は、豆知識として「野菜の衛生管理のポイント」をご紹介していますので、ご参考にしてください。

今月号の情報一覧

イベントニュース

「知ろう!学ぼう!大阪南港エコフェスタ2015」を開催します。

大阪府と大阪市は、環境活動に取組む企業・団体との協働により、6月の環境月間に「知ろう!学ぼう!大阪南港エコフェスタ2015」を開催します。
下記のとおり、食に関する体験をはじめ、楽しいプログラムを用意してします!

開催日時・場所等について
知ろう!学ぼう!大阪南港エコフェスタ
対象
ご家族での参加をはじめ、広く一般の方々のご来場をお待ちしております。
開催日時
平成27年6月13日(土曜日)11時から16時
会場
ATC ITM棟セントラルアトリウム、おおさかATCグリーンエコプラザ
(ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車すぐ)
会場MAP

事前申込は不要です。詳しくはホームページをご覧ください。

 「大阪南港エコフェスタ」の開催に伴い排出されるCO2は、カーボン・オフセット制度(※) ※カーボン・オフセットとは・・・
どうしても削減できない量の全部又は一部を他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)することです。
を利用して、CO2排出量“0”で開催します。できるかぎりCO2を排出しないよう、ご来場には公共交通機関を利用してください。

※カーボン・オフセットとは・・・どうしても削減できない量の全部又は一部を他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)することです。

イベント内容について

楽しいブースがたくさん!

環境活動に取組む企業や団体、大阪府・大阪市の関係各課が、楽しみながらエコについて学び、体験できるブースを出展します(出展予定数約50)

<ブースの一例>
  • 大阪湾の新鮮で美味しい魚介類を紹介するコーナー
  • ワークショップ「チリメンモンスターを探そう!」
  • 擬似スーパーでの買物ゲーム。栄養価、カロリー計算、フードマイレージ、ゴミの量、環境負荷CO2換算をした数値から環境にやさしい買物を提案するコーナー
  • 屋上の菜園活用をめざす「食」と「みどり」の近未来型・環境プロジェクト「どこでもファーム」

おおさかのマスコットキャラクター大集合!

大阪府の「もずやん」をはじめ、セレッソ大阪のマスコット「ロビーくん」など10体のキャラクターが大集合するほか、大阪のご当地ヒーローとして話題の「地球戦士ゼロス」による会場パトロールを行います。

大阪 マスコット キャラクター

スタンプラリーで賞品GET!

会場のブースをめぐり、ゴールした方には、素敵な賞品をプレゼントします。

お問合せ先

大阪府環境農林水産部 環境農林水産総務課 企画グループ
〒559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14−16(咲洲庁舎22階)
電話 : 06−6210−9543
電子メールアドレス : kannosomu@sbox.pref.osaka.lg.jp

主催及び協力団体
<主催>
大阪府、大阪市
豊かな環境づくり大阪府民会議
なにわエコ会議
おおさかATCグリーンエコプラザ
<特別協力>
池田泉州銀行、大阪サッカークラブ株式会社 セレッソ大阪、
特定非営利活動法人大阪府民循環型社会推進機構、
公益社団法人大阪府産業廃棄物協会、日本分析化学専門学校
ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

大阪府食の安全安心推進協議会の委員を募集します!

安全で安心な食生活は全ての府民の願いであり、健康に暮らしていく上で重要です。

食の安全性を確保するためには、行政の取組に対する食品関連事業者や消費者の皆様のご理解やご協力が必要です。大阪府では、さまざまな立場の方から食に関する府の取組に関しましてご意見をいただく大阪府食の安全安心推進協議会を設置しております。

同協議会では現在、府民から公募した2名の委員にご活躍いただいているところですが、本年7月の任期満了に伴い、改めて次期委員を募集します。皆様のご応募お待ちしております!

【募集内容】
  1. 募集人員  2名以内
  2. 委員の役割 大阪府食の安全安心推進協議会に出席し、食の安全・安心の確保などに関する重要事項について、調査審議していただきます。
  3. 任期    2年間 平成27年7月末〜平成29年7月末(予定)
  4. 選考方法  大阪府食の安全安心推進協議会公募委員選考委員会において選考し、選考結果は、応募者全員に文書で通知します。
  5. 報酬等   協議会及び部会の出席1日につき、9,600円 (その他交通費実費支給)
【お申し込み方法】
  1. 応募資格  次の条件をすべて満たす人
    • (1)食の安全・安心の確保などについて関心がある人
    • (2)委員就任時の年齢が満20歳以上68歳以下の人
    • (3)府内に在住、在勤又は在学の人
    • (4)協議会及び協議会の部会に出席できる人(年4回程度の開催予定)
  2. 応募方法 次の書類を下記あてに郵送又は持参により提出
    • (1)「食の安全安心について」の作文(1200字以内)
    • (2)履歴書(住所、氏名、生年月日、電話番号のほか上記応募資格(3)が確認できる項目の記載があれば、様式は問いません。)
      • ご提出いただいた個人情報は、選考の目的のみに利用し、それ以外の目的には使用いたしません。
      •      
      • なお、ご提出いただいた書類は返却いたしません。
  3. 応募期限  平成27年6月24日(水曜日)必着
  4. 応募先
    〒540−8570(郵送の場合は住所記載不要)
    大阪市中央区大手前2丁目 大阪府庁本館南側1階
    大阪府健康医療部食の安全推進課  安全推進グループ「協議会委員公募担当」
    電話:06−6944−6703
ページの先頭へ戻る

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。 平成26年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

大阪青山大学
  • オープンキャンパス、ミニオープンキャンパス開催について
大阪樟蔭女子大学
  • オープンキャンパス、ミニオープンキャンパス開催について
大手前栄養学院専門学校
  • オープンキャンパス開催について
千里金蘭大学
  • オープンキャンパス開催について
帝塚山学院大学
  • オープンキャンパス開催について

上記養成校のイベント情報等が更新されています!
詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

野菜の衛生管理のポイント

健康的な生活を送るためには、野菜をたっぷり食べることはもちろん、食中毒に気を付けることも大切です。今回はおいしく安全に野菜を食べるための衛生管理のポイントについてご紹介します。

野菜は、各地で生産段階から衛生的に管理する体制が取られています。また、生鮮野菜を衛生的に保ち、食中毒事件が起きないように衛生上の注意すべき点をまとめた「栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針」が農林水産省から示されております。

そのため、野菜そのものが食中毒の原因となることは多くありませんが、土壌を使って生産を行う限り、土と一緒に土中の食中毒菌が付着する可能性があります。消費者の皆さんも、野菜を扱うときには次の点に注意しましょう。

1.新鮮な野菜を購入
傷んでいない鮮度のいい野菜を選びましょう。
2.土を落として冷蔵庫で保存
野菜は、冷蔵庫に入れる前に、まずはしっかり土を落としましょう!また、袋などに入れて保存し、冷蔵庫内は清潔に保ちましょう。
3.しっかり洗浄
 野菜には土と一緒に土中の食中毒菌や寄生虫の卵などが付いていることがあります。野菜を調理する際には、しっかり洗いましょう。また、野菜に使用する包丁やまな板なども、よく洗った清潔なものを使用しましょう。特に、生で食べるサラダなどに使用する野菜を調理するときには、念入りに洗うようにすること、生肉や生魚と触れないようにすること、生肉や生魚に使用した調理器具をそのまま使用しないようにすることに注意が必要です!もちろん、野菜を触る手はしっかり洗ってから調理しましょう!!
4.できあがった料理は早めに食べる
 室温に放置することで、食中毒菌が増える恐れがあります。できた料理は、室温で放置せず、早めに食べるようにしましょう。
5.残った料理は清潔な容器で保存
 残った料理を保存するときには、清潔な容器であることはもちろん、なるべく小さく浅い容器に分けて、冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。また、保存していた料理を食べるときには、中心までしっかり加熱して食べるようにしましょう。

以上のことに注意して、朝食からしっかり野菜を食べるよう心がけましょう!

やってます食の安全安心

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る