No.62

おおさか食育マガジン−2015年8月号−

 暑さが厳しくなり、熱中症にかかる人が増加しています。熱中症の発生は、炎天下に屋外で運動している時だけでなく、屋内での発生も近年では増えています。
急に暑くなった日や久しぶりの熱い環境下での活動は要注意です。帽子や日傘、こまめな水分補給が有効です。

今月号の情報一覧

イベントニュース

おおさか食育フェスタ2015開催のお知らせ

大阪府では、夏休みで子どもの生活習慣が乱れやすい8月を「大阪府食育推進強化月間」と定め、「野菜バリバリ朝食モリモリ〜野菜あと100g、朝食で野菜を食べよう!〜」を合言葉に、様々な啓発イベントを行います。

そのひとつとして開催する「おおさか食育フェスタ2015」は、学校や家庭、地域、産地、企業、行政等が相互に連携した参加型のイベントです。

今年は、大阪府の北部、南部の2ヶ所において地域フェスタとして実施します。食育関連団体・企業、学生などによる楽しい体験型食育ブースを出展します。夏休みの思い出づくりにぜひご来場ください!

とき
平成27年8月19日(水曜日)午前10時から午後5時まで
ところ
@イオンモール茨木 1階中央吹き抜け ジョイプラザ
 住所:茨木市松ヶ本町8番30号
 最寄駅:JR茨木駅 又は モノレール宇野辺駅 (徒歩7分)
A岸和田カンカンベイサイドモール WEST1階 マーケットスクエア・ロトンダ広場
 住所:岸和田市港緑町3番1号
 最寄駅:南海本線 岸和田駅 (徒歩10分)
入場料
無料
主催
大阪府食育推進ネットワーク会議、大阪府
協力
イオンモール茨木、岸和田カンカンベイサイドモール

詳しくは、イベント情報ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

2015年「野菜バリバリ朝食モリモリ」ポスターコンクール実施のお知らせ

2015年「野菜バリバリ朝食モリモリ」ポスターコンクールでは、子どもたちが食を中心とした健康づくり活動に主体的に参加することを目的に、大阪府内における小学校等から、「野菜摂取・朝食摂取」をテーマとしたポスターを募集しています。

入賞作品は、「2016年野菜バリバリ朝食モリモリカレンダー」に掲載し、府内の小学校等に配付する等、食育の推進に活用します。

  • 1. 応募締切  平成27年9月4日(金)
  • 2. 実施主体
    主催
    健康おおさか21推進府民会議、大阪府、大阪府教育委員会
    協力
    大阪府食生活改善連絡協議会、公益社団法人大阪府栄養士会、 公益財団法人大阪府保健医療財団 大阪がん循環器病予防センター
    協賛
    健康おおさか21・食育推進企業団
  • 詳しくは、イベント情報ページ をご覧ください。
ページの先頭へ戻る

平成27年度食育ヤングリーダー育成支援事業 参加校募集中!

若い世代への適切な食育の知識の普及、機運の醸成、若い世代の担い手(食育ヤングリーダー)の育成支援を図るため、高校生及び大学生の食育活動を広く募集し、その活動を表彰・支援する「食育ヤングリーダー育成支援事業」を実施し、府民の健康づくりを推進します。

募集内容
「野菜摂取」「朝食摂取」「大阪産(もん)食材」をテーマに、幼稚園・保育所、小中学生、クラスメイト等同世代の仲間を対象にした啓発活動
応募期間
平成27年7月1日(水曜日)から10月2日(金曜日)
応募資格
1.大阪府内在住・在学の高校生、大学生等のグループ
2.同一校からの応募は1件とします
※高校・大学で協力して行っている事業については、主体となる学校が応募ください。
応募方法
応募申込用紙に必要事項を記入し、メール又は郵送
※その他の詳細は、食育ヤングリーダー育成支援事業ページ をご覧ください。
ページの先頭へ戻る

食育シンポジウム
「たのしくて、ためになる食のトークセッションin大阪のお知らせ

たのしくて、ためになる食のトークセッションin大阪
〜食をしれば人生はもっと豊かになる〜

食は、家族や地域、生産から消費に至るまで、人や自然との関わりの上で成り立っています。食体験が乏しくなっている現在、食について学ぶ、体験する、実践することはもとより、「食の大切さを語り・伝える」ことが、食育を進める上で大切です。

1 開催日時
平成27年8月25日(火)  13:15〜16:15
2 開催場所
大阪ガス株式会社本社ビル3階ホール
(大阪市中央区平野町4−1−2)
3 主催
近畿農政局
4 後援
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、大阪市、滋賀県教育委員会、
京都府教育委員会、大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、
和歌山県教育委員会、大阪市教育委員会
5 参集規模
200名程度
6 内 容
(1) 開会挨拶 近畿農政局長
(2)農政局からの情報提供
(3)第1部 「基調講演」
講演 :テーマ「心が元気になる食事」(50分)
講師 :谷 均史 氏(淀川キリスト教病院医師)
(4)第2部 「パネルディスカッション」
テーマ 「食を語り、伝えていくために」(100分)
パネリスト
谷  均史 氏(淀川キリスト教病院医師)
江草 聡美 氏(シニア野菜ソムリエ)
山下 満智子 氏(大阪ガスエネルギー・文化研究所研究員)
西村 秋保  氏(料理研究家)
コーディネーター
消費・安全部長
(5)閉会挨拶
申し込みは平成27年8月18日(必着)でお願いします。
近畿農政局 消費・安全部消費生活課まで
FAx:075−417−2149
 申込用紙 (別ウィンドウで開きます)
ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。 平成27年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

大阪府食生活改善連絡協議会の取組紹介&
伝えたい!長期保存食や保存のよい野菜を使った料理

大阪府食生活改善連絡協議会とは

大阪府食生活改善連絡協議会は、各市町村で開催される食生活改善推進員養成講座の修了者(食生活改善推進員)で組織する各市町村食生活改善推進協議会を構成員とする団体です。

「私達の健康は私達の手で」をスローガンに、地域に根ざした食生活改善ボランティアとして食を通した健康づくりの輪を広げる活動を行っています。

大阪府食生活改善連絡協議会の活動

子どもと若い保護者を対象にした「おやこ食育教室」、保育所・幼稚園・小学校への出前講座やクッキングセミナー、これまで料理経験のない男性を対象にした料理教室、高齢者低栄養予防料理教室等様々な世代を対象に、地域に合わせて活動しています。

「野菜バリバリ朝食モリモリ元気っ子」推進キャンペーン

大阪府食育推進強化月間である8月には、日本チェーンストア協会関西支部、大阪市食生活改善推進員協議会、健康おおさか21推進府民会議、大阪府との共催による「野菜バリバリ朝食モリモリ元気っ子」推進キャンペーンを各ブロックの大型スーパーマーケットにおいて一斉に実施しています。

本キャンペーンでは、食生活改善推進員オリジナルの食育指導媒体「食品釣り」「食事バランスガイドバスケット」「紙芝居」等子どもたちが楽しみながら食について学べる工夫を行い、毎年たくさんの方たちにご参加いただいています。

平成27年度の開催予定は、イベント情報ページをご覧ください。

TSUNAGUパートナーシップ事業

 健康日本21(第2次)および第2次大阪府健康増進計画において、健康寿命の延伸のため、生活習慣病予防の発症・重症化予防のひとつとして高血圧予防、健康を支え守るための社会環境の整備として地域のつながりの強化が掲げられています。

本事業では、「地域のつながり」と「高血圧予防としての減塩・野菜もう一皿」をキーワードに、これまで培ったノウハウを生かしながら、講習会と家庭訪問を通して、地域の皆様にお声かけし、みそ汁の塩分チェックや減塩野菜メニュー紹介等を行っています。

伝えたい!長期保存食や保存のよい野菜を使った料理

大阪府食生活改善連絡協議会は、災害時に備えた保存食の活用方法等や自助の重要性を普及啓発し、災害に備えた地域づくりを推進しています。

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る