No.63

おおさか食育マガジン−2015年9月号−

9月に入りましたが残暑の厳しい毎日ですね。引き続き熱中症に注意しましょう。
8月の食育推進強化月間の期間中、府内各地のイベント会場でたくさんの元気な子どもたちに出会えました。
夏休みの思い出、いっぱいできましたか?

今月号の情報一覧

イベントニュース

食と防災シンポジウム2015
「備えてまっかー!まさかの時の食4」開催のお知らせ

災害から個人や家族、地域を守るためには、私たち一人ひとりが災害への認識を深め、備えを強化することが重要です。そこで、9月の「防災月間」に食と防災の視点から、自助(個人)、共助(地域、大学)、公助(行政、病院)の必要性の理解を深めるためにこのシンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

とき

9月7日(月曜日)13時20分から16時10分まで(開場:12時30分)

ところ

相愛学園本町学舎講堂
大阪市中央区本町4−1−23
地下鉄「本町」駅C階段4号出口すぐ

定員

400名(入場無料)

内容

【プログラム】
●講演「メディアから見た防災現場のルポや新しい食」
 読売テレビ報道局解説委員  高岡 達之
●パネルディスカッション「地域との共助を考える」
〈パネリスト〉
・災害時の応援体制を普段の取り組みより考える
大阪赤十字病院 栄養係長 伊藤 大翼
・今、子どもを守る防災とは
相愛大学客員教授、農林水産技術会議委員 坂本 廣子
〈コメンテーター〉
大阪青山大学健康科学部教授、公益社団法人大阪府栄養士会会長
藤原 政嘉
〈コーディネーター〉
相愛大学人間発達学部教授、大阪府立大学名誉教授
宮谷 秀一
【展示コーナー】12時30分から16時10分まで
●地域と連携した食と防災  大阪府保健所栄養士
●大阪産(もん)の紹介   大阪府環境農林水産部
●見てわかる実践台所防災  坂本 廣子
●若い仲間に伝えたい!食と防災 3
相愛大学人間発達学部発達栄養学科

申込方法

チラシ裏面の申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
食と防災シンポジウム2015チラシ(PDF)

申込先

農林水産省近畿農政局大阪地域センター消費・安全グループ
  FAX:06−6941−9011

申込締切

9月2日(水曜日)

問合せ先

大阪府健康医療部保健医療室健康づくり課
  TEL:06−6941−0351 内線2548

主催

大阪府、農林水産省近畿農政局大阪地域センター
相愛大学、青山大学、公益社団法人大阪府栄養士会

後援

大阪府食生活改善連絡協議会、
大阪市食生活改善推進員協議会

協賛

大塚製薬株式会社、大阪府焼菓子工業組合

※昨年度の様子は、過去のイベント情報ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

平成27年度食育ヤングリーダー育成支援事業 参加校募集中!

若い世代への適切な食育の知識の普及、機運の醸成、若い世代の担い手(食育ヤングリーダー)の育成支援を図るため、高校生及び大学生の食育活動を広く募集し、その活動を表彰・支援する「食育ヤングリーダー育成支援事業」を実施し、府民の健康づくりを推進します。

募集内容
「野菜摂取」「朝食摂取」「大阪産(もん)食材」をテーマに、幼稚園・保育所、小中学生、クラスメイト等同世代の仲間を対象にした啓発活動
応募期間
平成27年7月1日(水曜日)から10月2日(金曜日)
応募資格
1.大阪府内在住・在学の高校生、大学生等のグループ
2.同一校からの応募は1件とします
※高校・大学で協力して行っている事業については、主体となる学校が応募ください。
応募方法
応募申込用紙に必要事項を記入し、メール又は郵送
※その他の詳細は、食育ヤングリーダー育成支援事業ページ をご覧ください。
ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。 平成27年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

関西福祉科学大学
・オープンキャンパス開催について

上記養成校のイベント情報等が更新されています!
詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

「あなたの健康づくりを応援するお店」が増えました!
「健康的なV.O.Sメニュー」であなたの健康づくりを応援します!

このページでは、野菜が多いメニューや栄養バランスのとれたメニューを提供し、生活習慣の改善を応援する取組みをしている大阪府内の飲食店をご紹介しています。

今月、新たにV.O.S(野菜たっぷり・適油・適塩)メニュー提供店1店舗の情報を追加しました。

詳細は、あなたの健康づくりを応援するお店ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

野菜たっぷりみそ汁講座 〜高校生への実践を促す取組み〜

多くの調査で朝食欠食や野菜不足等が報告されている高校生を対象に、減塩と野菜摂取量の増加が期待できる「野菜たっぷりみそ汁」を作る講座を開催することにより、健全な食生活の実践を図り、自ら料理する習慣づくりから食生活の自立へ繋げていくとともに、みそ汁の食文化の継承を行います。また、高校と連携することで食育授業の導入を目指します。

内容

1回目授業

講義「野菜たっぷりみそ汁」を考えよう
・みそ汁の食文化を理解する。
<野菜たっぷりみそ汁の良いところ>
  1. 野菜をたっぷり入れることにより、減塩効果がある。
    (食塩摂取量の減少・ナトリウム/カリウム比の低下)
  2. 不足しがちな野菜がしっかり食べられる。
  3. 応用範囲が広い・・・
    (具を変えればいろいろな味。 主菜にも、副菜にも)
  4. 自分で料理する→食の自立への第1歩
・減塩のためのナトリウム/カリウム比を理解する。
・試作するみそ汁の献立を作成する。

2回目授業

・調理実習前講義
・各班のみそ汁についてプレゼンテーション
・調理実習
・試食
・事後アンケート

3か月後のアンケート

(成果・生徒たちの感想)
アンケート(平成26年度調査)結果より「野菜たっぷりみそ汁」について、「おいしかった」・「野菜がたっぷり食べられる」など、おおむね好評でした。また、みそ汁を作ることに「関心がありすぐ作り始めたい」が27%でした。

大阪府の保健所が高校と連携したさまざまな取組
「おおさか食育通信」の「つづけよう食育」の「つづけよう食育事例 全件はこちら」に掲載されています。
高校生の生活習慣病予防対策の取組No vegetable, No Lifeセミナーと協働した取組も掲載しています。

生徒の食生活に不安をお持ちの先生
毎日の食習慣を少し意識するだけで、減塩・野菜摂取ができ、生活習慣病予防のきっかけになるはずです。
ご相談は大阪府保健所にお願いします。

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る