No.73

おおさか食育マガジン−2016年7月号−

 徐々に暑い日が多くなり、夏らしくなってきました。もうすぐ、子ども達が楽しみにしている夏休みもやってきます。
 今月は、豆知識として夏が旬の野菜「オクラ」を使ったメニューを紹介していますので、ぜひ作ってみてください。

今月号の情報一覧

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。
平成26年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

今月は、大阪青山大学、大阪樟蔭女子大学、大手前栄養製菓学院専門学校、
関西福祉科学大学、辻学園栄養専門学校計5校のオープンキャンパス等のイベント情報が更新されています!

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

「あなたの健康づくりを応援するお店」が増えました!
「健康的なV.O.S.メニュー」であなたの健康づくりを応援します!

このページでは、野菜が多いメニューや栄養バランスのとれたメニューを提供し、生活習慣の改善を応援する取組みをしている大阪府内の飲食店をご紹介しています。

今月、新たにV.O.S.(野菜たっぷり・適油・適塩)メニュー提供店3店舗の情報を追加しました。

詳細は、あなたの健康づくりを応援するお店ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

「旬の野菜たっぷりメニュー」オクラ

オクラ(秋葵)のネバネバ成分にはペクチンとムチンが含まれています。ペクチンは食物繊維で整腸作用があり、便秘を予防・解消する効果があるとされています。また、ムチンはたんぱく質を分解し、消化をサポートします。

オクラをみそ汁の具材として利用される方もいらっしゃると思います。暑い夏を乗り切るために、熱いみそ汁もおいしいですが、やはり冷たくして食べたいというときは、普段のみそ汁に使われている具材を使って下記のメニューを作ってみてはいかがでしょうか。

オクラと豆腐のあげ巾着(一人分)
オクラ 70g
豆腐 100g
たまねぎ 20g
にんじん 10g
油揚げ 1枚(30g)
青じそ 2枚
削り節 1g
みそ 小さじ2
オリーブ油 大さじ1/2
そうめんつゆ 2g
〈1食あたりの栄養量〉
エネルギー 303Kcal たんぱく質17.9g  脂質6.0g
炭水化物 11.6g 食塩相当量 1.5g
〈野菜使用料〉
102g
〈作り方〉
  1. 豆腐は水切りし、2等分する。(豆腐A・豆腐B)
    油揚げは油抜きをして1/2枚に切り、袋状にする。
  2. たまねぎとにんじんは千切りにする。
    フライパンにオリーブ油をひき、弱火で炒め、そのまま冷ましておく。
  3. オクラはがくをむきとり、塩もみをして、熱湯で2分程度ゆでる。
    冷水にとり、水気をとる。
    2本残して、残りのオクラは小口切りにする。
    残した2本のオクラはそうめんつゆにつけておく。
  4. 袋状にした油揚げの内側にみそをぬり、2.のたまねぎ・にんじんを入れ、1.のつぶした豆腐A、小口切りしたオクラ、青じそ(そのまま)、1.のつぶした豆腐Bの順に詰め込み、口をつまようじで止める。
  5. 2.のフライパンを洗わずに、そのまま4.のあげ巾着を並べ、両面にこんがりと焼き目をつける。

*青じそのかわりに、ねぎ・しょうが等でみそのかわりに 八丁みそ・白みそ等でも味に変化をつけられます。

ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る