No.75

おおさか食育マガジン−2016年9月号−

 9月に入りましたが残暑の厳しい毎日ですね。引き続き熱中症に注意しましょう。また夏の疲れが出てくる頃、充分な休養とバランスの良い食事で乗り切りましょう。

今月号の情報一覧

イベントニュース

「平成28年度食育ヤングリーダー育成支援事業」応募校募集中!

若い世代への適切な食育の知識の普及、機運の醸成、若い世代の担い手(食育ヤングリーダー)の育成支援を図るため、高校生及び大学生の食育活動を広く募集し、その活動を表彰・支援する「食育ヤングリーダー育成支援事業」を実施し、府民の健康づくりを推進します。

募集内容
「野菜摂取」「朝食摂取」「大阪産(もん)食材」をテーマに、幼稚園・保育所、小中学生、クラスメイト等同世代の仲間を対象にした啓発活動
応募期間
平成28年7月19日(火曜日)から10月7日(金曜日)
応募資格
1.大阪府内在住・在学の高校生、大学生等のグループ
2.同一校からの応募は1件とします
※高校・大学が協力して行う場合は主体となる学校が応募ください。
応募方法
応募申込用紙に必要事項を記入し、メール又は郵送
※その他の詳細は、食育ヤングリーダー育成支援事業ページ をご覧ください。
ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。
平成26年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

今月は、大阪青山大学、大阪樟蔭女子大学、千里金蘭大学、辻学園栄養専門学校、帝塚山学院大学、 羽衣国際大学、帝塚山大学計7校のオープンキャンパス等のイベント情報が更新されています!

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

「旬の野菜たっぷりメニュー」かぼちゃ

「野菜バリバリ!旬の野菜をたっぷり食べよう!!」をテーマに、今回は、「かぼちゃ」についてご紹介します。

冬至に食べるイメージの強いかぼちゃですが、その旬は夏です。かぼちゃは緑黄色野菜で、カロテンが豊富に含まれています。カロテンは皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素で、油と一緒に摂取すると吸収が促進されます。

ほくほくとした煮物にするのもとてもおいしいですが、今回はお酢を使ったさっぱりとしたメニューをご紹介します。加熱時間が少なく、暑い夏でもさっと作ることができます。お弁当などの作り置きにもピッタリです!

夏野菜のマリネ
材料(3人分)
かぼちゃ 90g
ピーマン 2個 (80g)
赤パプリカ 1/4個(40g)
エリンギ 1本 (40g)
オリーブオイル 適量
【マリネ液】
大さじ3
砂糖 大さじ3
しょうゆ 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
おろしにんにく 少々
おろししょうが 少々
黒コショウ 少々
<1食当たりの栄養量>
エネルギー 179kcal、たんぱく質 2.3g、脂質 10.2g、
炭水化物 19.9g、食塩相当量 1.7g
<1食当たりの野菜使用量>
70g
<作り方>
  1. マリネ液の材料(酢、砂糖、しょうゆ、オリーブオイル、おろしにんにく、おろししょうが、黒コショウ)を混ぜ合わせる。
  2. かぼちゃを厚さ5o程度のいちょう切りにする。
  3. ピーマン、赤パプリカは食べやすい長さの細切りにする。
  4. エリンギを厚さ5o程度の食べやすい大きさに切る。
  5. 2〜4をフライパンで焼く。
  6. 1で5を和える。
<ワンポイントアドバイス>
なすやししとうなど、ほかの野菜を使ってもおいしいです。

ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る