No.81

おおさか食育マガジン−2017年3月号−

 朝夕はまだまだ冷え込みますが、日差しは春めいてきました。
春野菜が美味しい季節です。旬の野菜を味わいながら、冬の間運動不足だった方はウォーキング等で春の日差しを楽しみましょう!

今月号の情報一覧

イベントニュース

“ちゃんと食べよか〜”推進プロジェクト 
食育ヤングリーダーフォーラム開催のお知らせ

大阪では、平成23年度より産学官連携によるプロジェクトを立ち上げ、府内の高校生や大学生が地域や学内でさまざまな活動を行っています。

今回は第6弾として、その活動発表会と「第3次食育推進基本計画と農林水産省の食育の取組について」の講演を行います。
参加費無料です。ぜひご参加下さい。

とき
3月27日(月曜日)13時00分から16時30分(開場12時00分)
ところ
相愛学園本町学舎 講堂
住所:大阪市中央区本町4−1−23)
内容
第1部(13時10分から
食育ヤングリーダー育成支援事業参加校の活動発表会
私たちがヤングリーダーです!
第2部(14時45分から)
講演 「第3次食育推進基本計画と農林水産省の食育の取組について」
講師 農林水産省 食料産業局 食文化・市場開拓課
課長補佐(食育推進班) 松井 瑞枝 氏
第3部(15時40分から)
「食育ヤングリーダー育成支援事業」表彰式
展示コーナー
主催
農林水産省近畿農政局、大阪府、
相愛大学、公益社団法人大阪府栄養士会
後援
大阪府農業協同組合中央会、大阪府食生活改善連絡協議会、
大阪市食生活改善推進員協議会

“ちゃんと食べよか〜”推進プロジェクト食育ヤングリーダーフォーラムチラシ

申込等の詳細は、イベント情報 をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

世界腎臓デー2017 あなたの腎臓大丈夫? 
in OSAKA 開催のお知らせ

毎年3月の第2木曜日は、「世界腎臓デー」です。
 大阪慢性腎臓病対策協議会と、平成29年2月7日に大阪府と事業連携協定を締結した中外製薬株式会社の共催で、腎臓病の早期発見と治療の重要性を啓発するキャンペーンが実施されます。
 腎臓病の予防・治療には食事療法も重要なことから、キャンペーンでは、腎臓専門医や栄養士によるミニレクチャーも実施します。ぜひお越しください。

とき
平成29年3月11日(土曜日) 12時00分から16時00分
ところ
ディアモール大阪地下1階 イベントスペース「ディーズスクエア」
(住所:大阪市北区梅田1丁目 大阪駅前ダイヤモンド地下街1号)
内容
(1)腎臓専門医、栄養士によるミニレクチャー
(2)医師、栄養士による健康相談
(3)慢性腎臓病(CKD)のポスター掲示、リーフレット配布等
参加費
無料
主催
大阪慢性腎臓病対策協議会(事務局:大阪大学大学院医学系研究科腎臓内科学 教授 猪阪善隆)、中外製薬株式会社
後援
日本慢性腎臓病対策協議会、NPO法人腎臓サポート協会、大阪府内科医会、大阪府医師会、大阪府、大阪市

詳しくは こちら

ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。
平成26年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

今月は、大阪樟蔭女子大学、大手前栄養製菓学院専門学校、関西福祉科学大学、千里金蘭大学、相愛大学、辻学園栄養専門学校、帝塚山学院大学、羽衣国際大学、帝塚山大学 計9校のオープンキャンパス等のイベント情報が更新されています!

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

「旬の野菜たっぷりメニュー」新キャベツ

キャベツは、栽培している土地や気候に合わせて品種が改良されているため、一年中出荷されている野菜で、出荷時期により春系、冬系などに分類されます。新キャベツは3月〜4月に出荷される新物のキャベツのことをいいます。葉の巻きがゆるく葉質がやわらかいのが特徴で、みずみずしく、芯に近いほど甘味も強いため、サラダや漬物にするのもおすすめです。

キャベツには、ビタミンCや、胃の粘膜の修復を助けるビタミンU(キャベジン)も豊富に含まれています。ビタミン類の一部は加熱により損失されますが、たくさん食べるには加熱調理がおすすめです。今回は、芯まで丸ごと食べられるレシピを紹介します。

春野菜のポトフ(2人分)
新キャベツ 1/4玉(230g)
新たまねぎ 1/2個(80g)
新じゃがいも 小4個(80g)
にんじん 1/2本(60g)
スナップえんどう 40g
鶏もも肉 100g
オリーブ油 大さじ1/2(6g)
コンソメ 5g
600g
塩・こしょう 少量
〈1食あたりの栄養量〉
エネルギー 183Kcal たんぱく質12.9g 脂質5.4g
炭水化物 22.3g 食塩相当量 1.2g
〈野菜使用量〉
205g
〈作り方〉
  1. キャベツは芯をつけたまま一口大に切る。新たまねぎはくし切り、にんじんは乱切りにする。じゃがいもはよく洗い、皮付きのまま半分に切る。(小さければそのままでもよい)スナップえんどうは筋をとっておく。
  2. 鶏肉は皮をとり、一口大に切る。 鍋にオリーブ油をひき、中火で炒める。
  3. 鶏肉に火が通ったら、水・コンソメを加える。 じゃがいも・にんじん・キャベツ(芯の部分)・たまねぎを加え、アクをとりながら煮込む。
  4. 具材に火が通ったら、残りのキャベツ・スナップえんどうを入れ、さらに煮込む。
  5. 野菜が柔らかくなったら、塩・こしょうでスープの味を整える。
〈ワンポイントアドバイス〉
  • 新キャベツ・新たまねぎなど、旬の春野菜を使った、野菜の甘みを感じられるポトフです。煮ることでかさが減るので、野菜をたっぷり食べられます。
  • 新じゃがいもは皮の近くに栄養素が多く含まれているので、皮つきのままがおすすめです。皮付きのままの場合はしっかり洗い、汚れを落としましょう。
ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る