No.82

おおさか食育マガジン−2017年4月号−

 やわらかな春の日差しを浴びて、色とりどりの花が咲く季節となりました。
新しい年度が始まり、普段の食生活を見直すよい機会です。気持ちも新たに「野菜バリバリ朝食モリモリ」で元気な毎日をすごしましょう。

今月号の情報一覧

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。
平成26年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

今月は、大阪樟蔭女子大学、大阪夕陽丘短期大学、大手前栄養製菓学院専門学校、関西福祉科学大学、千里金蘭大学、辻学園栄養専門学校、帝塚山学院大学、羽衣国際大学、帝塚山大学 計9校のオープンキャンパス等のイベント情報が更新されています!

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

「あなたの健康づくりを応援するお店」が増えました!
「健康的なV.O.S.メニュー」であなたの健康づくりを応援します!

このページでは、野菜が多いメニューや栄養バランスのとれたメニューを提供し、生活習慣の改善を応援する取組みをしている大阪府内の飲食店をご紹介しています。

今月、新たにV.O.S.(野菜たっぷり・適油・適塩)メニュー提供店2店舗の情報を追加しました。

詳細は、あなたの健康づくりを応援するお店ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

大阪産(もん)の野菜で春を感じよう!

今回は大阪産(もん)を使った春の野菜レシピを紹介します!

大阪ふき
〈特徴〉
古くから大阪南部の泉州地域で栽培されています。大阪府では、地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所が育成した「のびすぎでんねん」という愛称の品種が平成11年に誕生しました。「のびすぎでんねん」は彩りがきれいで、歯ごたえの良さとともに、ふき独特の香りがよいので幅広い料理に利用できます。
〈レシピ〉
ふきのベーコン巻き
材料 【2人分】 作り方
ふき 8本
  1. ふきは色よくゆでてすじを取り、6センチほどの長さに切る。
  2. 5本ずつ束ねて、両端を1センチほど残してベーコンで巻く。ベーコンの端は爪楊枝で止めておく。
  3. 水・固形コンソメ・こしょうを混ぜて合わせて一度沸騰させてだし汁を作る。
  4. だし汁の中に2を入れて、ベーコンにさっと火が通る程度に煮て、別の器に取って冷まし、汁も冷ましておく。
  5. だし汁が冷めたらふきを戻し、味がしみこむまでつけ込む。
  6. 器に盛る前にさっと温めて、ベーコンの脂を溶かし、爪楊枝を取って盛りつけるとできあがり。
ベーコン 12枚
2カップ
固形コンソメ 1個
こしょう 少々
ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る