No.93

>

おおさか食育マガジン−2018年3月号−

 朝夕はまだ冷え込みますが、日差しは春めいてまいりました。 冬の間運動不足だった方はウォーキング等で春の日差しを楽しみましょう!

今月号の情報一覧

イベントニュース

食育ヤングリーダーフォーラムを開催しました!

府内の高校生、大学生のグループが自ら取り組んだ食育活動の発表会を開催しました!「野菜摂取」「朝食摂取」そのほか「外食のヘルシーな食べ方」など、子どもや若者に必要な食育がテーマです。
 また、食育に取り組む企業による講演も実施しました。

とき
12月25日(月曜日)13時00分から16時30分
ところ
相愛学園本町学舎 講堂
参加者数
高校生・大学生、府民、民間事業者等 134名
主催
大阪府、相愛大学、公益社団法人大阪府栄養士会
後援
農林水産省近畿農政局、大阪府食生活改善連絡協議会、
大阪市食生活改善推進員協議会
協賛
健康おおさか21・食育推進企業団 (味の素株式会社、花王株式会社、
カゴメ株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社)

当日の様子は、イベント情報ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。
平成26年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

今月は、大阪樟蔭女子大学、大手前栄養製菓学院専門学校、関西福祉科学大学、辻学園栄養専門学校、帝塚山学院大学、羽衣国際大学計6校の入試情報、食育活動報告等の情報が更新されています!

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

全国学校給食週間

毎年1月24日から30日までの1週間は全国学校給食週間です。学校給食の意義、役割等について児童生徒や教職員、保護者、地域住民等の理解と関心を高め、学校給食の一層の充実と発展を図ることを目的として実施しています。
 学校における全国学校給食週間の取組みを紹介します。

特別献立の実施
「北から南の郷土料理を食べて日本を知ろう!」
大阪府立茨木支援学校では、日本各地の郷土料理を通して、地域の食材や食文化を学びました。
1日目:愛知県 八丁味噌煮込み風うどん、鬼まんじゅう、飲むヨーグルト
2日目:沖縄県 クファジューシー、もずくスープ、スパムとキャベツのチャンプルー、サーターアンダギー
3日目:大分県 黄飯と具、とり天、デコポン
4日目:北海道 豚丼、三平汁
5日目:大阪府 地場産米のごはん、太刀魚の塩焼きすだち醤油かけ、大阪しろ菜の昆布和え、鶏と冬野菜の味噌汁、でっちようかん
感謝の気持ちを伝えよう
「感謝集会」
寝屋川市立石津小学校では、感謝集会を開催し、給食調理員の方々に児童が書いた感謝の作文とメダルをお渡ししました。
学校給食について知ろう
「学校給食の歴史」
大阪府立富田林中学校では、「年代別学校給食フードモデル」を展示し、学校給食の役割や戦後給食が再開されるまでの経緯等をまとめて掲示しました。
生徒は「なぜ昔はパンばかりなのか?」「脱脂粉乳とは何か?」などの疑問について話し合い、歴史的な背景と絡めて答えを導き出そうと盛り上がっている姿が印象的でした。
ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る