No.105

おおさか食育マガジン−2019年5月号−

 清々しい五月晴れが心地よい季節となりました。
 新年度も1ヶ月が過ぎ、疲れも出やすい頃です。体調に気を付けましょう。

今月号の情報一覧

イベントニュース

各イベントの詳細は、イベント情報ページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

食育小噺

栄養バランスのとれた食生活の実践について

大阪府では、平成30年3月に策定した第3次大阪府食育推進計画の目標に、「栄養バランスのとれた食生活を実践する府民の割合の増加」を掲げ、食育を推進しています。

ポイントは「主食」・「主菜」・「副菜」をそろえること

バランスのよい食事のポイントは「主食」・「主菜」・「副菜」をそろえることです。
 主食とは、ごはん、パン、めんなどの穀類を主な材料にした料理で、炭水化物を多く含みます。主菜とは、魚、肉、たまご、大豆を主な材料にした料理で、たんぱく質や脂質を多く含みます。副菜とは野菜、きのこ、海そうなどを主な材料にした料理で、いろいろなビタミン、鉄、カルシウム、食物繊維などを多く含みます。食事を作ったり、選んだりするときに、主食、主菜、副菜の組み合わせを意識すると、栄養面をはじめ、見た目にもバランスの良い食事になります。

野菜がたっぷりとれるメインのおかず

主食・主菜・副菜と料理をそろえることができれば理想的ですが、なかなか時間がなくて難しいという方も多いのではないでしょうか。そんなあなたにおすすめの野菜がたっぷりとれるメインのおかず(主菜)を紹介します。これにごはんやパンをプラスすれば、お手軽にバランスのよい食事に近づきます。ぜひ試してみてください。

〈レシピ〉
野菜たっぷり鮭のホイル焼き
野菜たっぷり鮭のホイル焼きの画像
材料 分量(2人分)
2切れ
塩・こしょう 少々
バター
たまねぎ 80
にんじん 40
ピーマン 40
みそ 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1
みりん 小さじ1
〈1食あたりの栄養量〉
エネルギー194Kcal たんぱく質17.6g 脂質8.9g 炭水化物9.9g 食塩相当量2.4g
〈野菜使用量〉
80g
〈作り方〉
@ 野菜は千切りにする。鮭に軽く塩・こしょうをふる。
A アルミホイルを広げ、バターを薄くのばす。
B Aに野菜と鮭を置く。
C みそ・マヨネーズ・みりんを合わせBに塗り、アルミホイルで包む。
D オーブントースターで15分程度焼く。
〈ワンポイントアドバイス〉
たまねぎは、旬の新たまねぎを使うと、甘くておいしいです。
ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る