平成24年度 食育ヤングリーダー育成支援事業 参加団体一覧
 
学校名
学 生
対 象

時 期

内 容
1
大阪府立芥川高等学校
2年生「家庭総合」授業内
3年生「発達と保育」選択者
クッキング部
文化祭来場者、
親子交流参加者、
食育フェスタ参加者
H24.9
H24.11
野菜、朝食、手づくりおやつのオリジナルメニューを作り、文化祭等で展示発表。
「野菜摂取」「朝食摂取」をテーマに紙芝居を制作し、市食育フェスタで披露。
親子交流授業参加者に簡単おやつのお土産とレシピを配布。
2
大阪府立茨木西
高等学校
1年生12名
2年生26名
3年生5名
幼児、小・中学生、高校生、一般 H24 .7〜10 地域と連携し、以下の活動の実施
@地域の夏祭りで、地産地消及び野菜摂取啓発を実施。
Aショッピングセンターで、朝食・野菜・大阪産のクイズ、展示コーナーなどを実施。
B「野菜」「なにわの伝統野菜」をテーマに掲示物を作成、学内展示。学校発行冊子に掲載し、地域等へ配布。
3
大阪府立園芸高等学校 バイオサイエンス科食品製造研究部 20名 小学生低学年、
保護者
H24.8〜11 食育講習会を開催。学校の圃場での野菜収穫体験や収穫した野菜を使ったビスケットの製造実習、子どもたちに遊びやクイズ形式で食に関する知識を啓発、保護者のは子どもの食生活アンケートを実施。
4
大阪府立北かわち
皐が丘高等学校
1年生8名
2年生6名
3年生5名
北かわち皐が丘高校生徒、保護者、来校者 H24.6
H24.9
H24.11
@文化祭で、野菜たっぷりカレーを販売、野菜摂取を啓発。
A毎年2回実施している心理学入門講座参加者に、大阪産を使ったメニューを提供。「食」から広がる「人と人との和やかな」つながりを体験。
5
大阪府立能勢高等学校 1年生6名
2年生4名
3年生10名
能勢高校生徒、
文化祭来場者
H24.9 @文化祭で食事バランス診断を実施、診断結果をもとにアドバイスを行う。
A能勢町の特産物を使ったメニューコンテストを実施。文化祭当日に投票、投票結果をもとに賞を決定し表彰を行い、入賞作品のメニュー集を作成。
6
大阪大谷大学 1回生4名
2回生7名
3回生6名
幼稚園児と保護者 H24.8〜H24.12 @保護者に事前アンケートを実施。(朝食内容、野菜摂取状況)
A園児向けに食育劇等、保護者向けに簡単野菜料理レシピ配布等動機づけ食育の実施。
B家庭でセルフモニタリングを1週間実施。
C保護者に事後アンケートを行い、食育の効果を評価。
7
大阪女子短期大学 1年生5名
2年生13名
近隣の小学生・中学生 H24.7〜H25.2 藤井寺市と連携で作成した食育マスコット「どうみょん」を推進役に食育支援活動を実施。
食育クッキング講座、たべものだよりの発行
8
大阪成蹊短期大学 食育サークル「SWEETS」
1年生3名
2年生14名
大阪成蹊短期大学生 H24.11 栄養コース1,2回生を対象に洋食と和食の朝食を2日間提供し、朝食に関するアンケートを実施。
9
大手前栄養学院
専門学校
ベンチャー部31名 食育展・健康展来場者、大手前栄養学院・製菓学院学生及びフェスタ来場者 H24.8
H24.10
H24.11
「もっと知ろう!やさいのこと〜元気な体をゲットだせ〜」をテーマに、ゲームを体験しなが野菜について学ぶ食育活動を学校内外で実施。
10
相愛大学 3回生6名 幼稚園・保育所等の
幼児及び小中学生
H24.10 御堂筋kappoに「めざせ!きみも食べものはかせ」というテーマで体験型ブースを出展。手づくりの媒体を通して、食育活動を展開。
11
帝塚山学院大学
人間科学部
4年生8名 幼稚園児(年長児) H24.4〜H24.12 園児が野菜に興味・関心を持ち、その感動を他の人に伝えるとともに、野菜を食べる意欲を育むことを目的に、絵本の読み聞かせと連携した食育プログラムを実施、園児の野菜に対する興味関心の広がりを検討。
12
帝塚山学院大学 畑部 1回生9名
2回生6名
4回生7名
小学1年生〜6年生 H24.5〜H25.2 小学生全学年対象に行われる行事「たかべ みそ汁 元気いっぱい」に味噌の元になる大豆、具の野菜の栽培及び提供。大豆の成長過程についてのクイズやスライドショーの実施。
13
箕面学園福祉保育
専門学校
保育科
1年生14名
2年生12名
専門学校・大学の学生、保育園・幼稚園の園児と保護者、
地域住民
H24.4〜H24.12 @幼稚園での菜園活動
A野菜の栽培、収穫、調理(体験的実践授業)
B箕面まつりで収穫した野菜料理の提供
C文化祭にて収穫した大根を地域に配る。
D他大学と連携し、野菜収穫体験、菜園活動実践講義
[ 閉じる ]